トップページ ニュース 伊藤美裕 新曲「あなたの花になりたい」は松井五郎作詩、末光篤作曲

ニュース

伊藤美裕

新曲「あなたの花になりたい」は松井五郎作詩、末光篤作曲

CD

コロムビア創立100周年記念歌謡曲アーティストとして2011年にデビューした伊藤美裕。今年デビュー3年目を迎える彼女の4枚目シングル「あなたの花になりたい」が2月27日に発売される。今回の新曲は作詩が松井五郎、作曲・編曲が末光篤という強力コンビによるもので、ポップ・テイストあふれる歌謡曲に仕上がっている。カップリングの「月の鍵」も同じコンビによる。

伊藤美裕

新曲発売を目前に控えた2月17日、六本木the1633tokyoで「伊藤美裕のミユゼミIV~あたらしい歌謡曲~」なるコンセプトライブを開催した。このライブは昨年5月よりスタートした彼女独自企画のコンセプトライブ。昭和のスダンダードとして親しまれている歌謡曲の名曲の数々を、そのルーツミュージックや時代背景を学習、研究しながら、新しい歌謡曲として受け繋いでいくことを目的としたもので、今回で4回目を数える。

この日のテーマはフォークソング。本番前に行われた取材用のパフォーマンスでは、この日メインの衣装となる赤いワンピースで登場。この日のセットリストから高田渡「自転車に乗って」と新曲の「あなたの花になりたい」の2曲を披露した。伊藤は「歌謡曲の中にフォークソングもあると思っていて、1969年から1976年の間のたった7年間のフォークですが、歌を通して若い人たちが自由を勝ち取っていく…、それを歌で表現していることがすごくかっこいいと思って、勉強して、今回、やってみようかなと思いました」と語った。新曲に関しては「歌謡曲は”はやりうた”。時代を反映する、必要とされる歌を歌っていきたい。今、愛とか絆とか叫ばれている時代にみんなが不安な気持ちとか持っていると思います。そんな中で「一人じゃないよ」って歌を通して言えたら嬉しいです。今まで3作出してきましたが、ミユゼミをやってきて、”歌謡曲=はやりうた”ということを勉強して、一歩進んで、今の21世紀の歌謡曲を作ったつもりです。そういう気持ちで臨んだので、みんなの心に届いたらいいなと思います」」と意気込みを語った。

このライブは2月23日(土)に新大阪の心斎橋soap opera classicsにて、24日(日)に名古屋の栄doxyで行われる。また、この夏には伊藤美裕企画の、歌謡曲をメインにした夏フェス「伊藤美裕のミユダマ~2013夏の歌謡祭~」が8月31日(土)に吉祥寺スターパインスカフェで実施されることも発表された。

<LINK>
伊藤美裕 | 日本コロムビア
伊藤美裕のオフィシャルブログ「ミユラボ」

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館