トップページ ニュース 堀江淳 堀江淳が、西田敏行・作詩による幻の新曲「花ひとつ 夢ひとつ」をリリース!

ニュース

堀江淳

堀江淳が、西田敏行・作詩による幻の新曲「花ひとつ 夢ひとつ」をリリース!

CD

1979年デビュー曲「メモリーグラス」の大ヒットで、一世を風靡した堀江淳。「水割りをください」でお馴染みの同曲は、いまやスタンダード・ナンバー化し、いまだにカラオケの定番曲として多くの人々に歌われている。堀江淳自身も、今もテレビ出演や全国ライヴ・ツアーなど、精力的に活動を続けている。

その堀江淳が4年振りに新曲を発表する。今回の曲「花ひとつ 夢ひとつ」は、西田敏行が書いた詩に、堀江淳が曲を付け、誰かが歌うと言う企画でスタート。楽曲は素晴らしいものが出来上がった。しかしながら、西田敏行と堀江淳の二人とも、それがいつの頃だったか記憶が定かでない。と言うのも、二人の共同作業は顔を合わせることなく進み、しかも、楽曲が完成したときには、肝心のレコーディング企画がいつの間にか立ち消えになっていたというのである。残念なことに幻のレコーディング企画となり、折角の名曲もお蔵入りとなってしまった。近年、堀江淳がライヴ・ツアーで、未発表曲の中から、お気に入りの選りすぐりの曲を、“蔵出し”と称して歌っていると、観客の反応も良く、次第にステージ上で手応えを感じ始めていたのがこの曲だった。

早速、デモ・テープを録音したところ、関係者の耳に留まり、4月からリニューアルするNHKラジオ第一の番組「午後のまりやーじゅ」(月~金の4時間生番組、司会:山田まりや)の音楽コーナーに、ユアソングとして、月曜から木曜の毎日オン・エアされることとなった。併せて、4月3日(水)の配信スタートと、4月17日(水)CDシングル発売が決定した。
130401B■西田敏行によるコメント
「僕の書いた詩が歌(CD)になるんですね。忘れていました(笑)。タイトルに“花”と言う文字がついて、しかもNHKさんのラジオ番組でかかるなんて、チョッと因縁めいていますが・・・。大人の恋の詩なんです。多くの人たちに歌って貰いたいですね」

■堀江淳によるコメント
「西田敏行さんの素敵な詩に、僕が曲をつけさせて戴きました。長い間、熟成させて来た曲ですが、お客様の反応を見ていますと、良い意味で、今の時代に必要とされている詩曲ではないかと思います。是非、皆様に聴いて戴き、歌って戴きたいですね。西田さんとも、是非、お会いして、ご一緒に歌ってみたいです」

<LINK>
堀江淳オフィシャルサイト
堀江淳オフィシャルブログ「お湯割りを下さい。」
堀江淳facebook

 

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館