トップページ ニュース 高岡早紀 高岡早紀、22年ぶりに新曲をリリース&オリジナル・アルバム再発

ニュース

高岡早紀

高岡早紀、22年ぶりに新曲をリリース&オリジナル・アルバム再発

CD

今年デビュー25周年を迎える高岡早紀が、主演映画『モンスター』のエンディング曲「君待てども~I’m waiting for you~」(4月27日より丸の内TOEIほか全国順次ロードショー)を4月3日に配信シングルとしてリリースした。

映画『モンスター』(大九明子監督)は、「永遠の0」などの良作を連発する人気作家・百田尚樹氏による30万部を突破した同名ベストセラー小説「モンスター」(幻冬舎文庫)が原作。幼少期から周囲にバケモノと呼ばれた女が、整形手術で完ぺきな美貌を手に入れ、傷つけられた過去への報復とともに、ただひとり優しかった人への秘めた想いを遂げようとする半生を描く衝撃作。主役の高岡の数時間に及ぶ特殊メイクで醜い姿を施し、徐々に艶やかな美女へと変化を遂げていく熱演ぶりは必見とのこと。

その彼女が、本作のため、実に21年ぶりのレコーディングを行い、スクリーンで歌声も披露。一人の狂おしいまでの情念を、切なく、妖艶に演じ切った高岡早紀自身が歌うエンディング曲「君待てども」は、この映画の余韻を、よりいっそう深いものにしてくれているというそして、その曲を22年ぶりの新曲としてリリースする。

高岡早紀「君待てども」は、1948年(昭和23年)に平野愛子が歌った戦後を代表するヒット曲。今回の高岡早紀によるカバーは、日本語/英語のメドレーになっているが、この英語バージョンは、後に渡米して日本人初のアカデミー賞(助演女優賞)を受賞したジャズ・シンガーのナンシー梅木が1950年に録音した「アイム・ウェイティング・フォー・ユー」がオリジナル。このジャズ・テイストあふれるスペシャル・バージョンにふさわしく、演奏には世界的なジャズ・ピアニストの山下洋輔が参加している。一見、意外な組み合わせに感じるが、高岡とは幼少時からの親交があるとのことで、息の合ったセッションになった。

【高岡早紀によるコメント】
「この映画のテーマに一番合うと思った曲をスタッフと一緒に選びました。久しぶりに歌う機会を与えていただき、「いつかジャズを歌いなさい」と言ってくださっていた旧知の山下洋輔さんとご一緒する夢も叶いました。とても緊張しましたが、温かい雰囲気に包まれながらのレコーディングだったので、安心して身を任せることができました。驚いたことに、同時録音で3回歌っただけでOKが出たんです」

一切の編集なしでのノーカット音源がそのまま採用され、まさにジャズ黄金時代の1950年代を彷彿とさせる録音が実現した。映画では特殊メイクと体当たりの演技で、女優としての新境地を見せた高岡早紀が、シンガーとしても新たな境地を開拓している。

iTunes配信
「君待てども ~I’m waiting for you~」

映画『モンスター』・・・【予告編
監督:大九明子、出演:高岡早紀
4月27日(土)より、丸の内TOEIほか全国順次ロードショー
http://www.monster-movie.jp/

また、歌手・高岡早紀といえば、1988年4月30日にシングル「真夜中のサブリナ」でCDデビュー。4枚のオリジナル・アルバムと7枚のシン グルをリリースし、その大半の楽曲を加藤和彦が手がけるなど、アイドルポップの枠を超えた独自のハイクオリティーな音世界が高く評価されていた。今回、彼 女のデビュー25周年を記念して、その全作品が5月22日に一挙リイシューされることが決定した。

高岡早紀オリジナル・アルバムSHM- CDコレクション(全4タイトル)は、全曲デジタル・リマスタリングの上、高音質SHM-CDに収録(通常のCDプレーヤーで再生可能)。アルバム未収録 曲に加えて、シングル全曲(カップリング曲含む)のオリジナル・カラオケがボーナス・トラックとして網羅して収録される。このリマスタリング音源は、4月 3日より先行で配信もされている。

高岡早紀オリジナル・アルバムSHM- CDコレクション
『SABRINA [+8]』
『楽園の雫 [+7]』
『Romancero [+7]』
『S’wonderful [+5]』
すべて5月22日発売 各2,500円(税込)

<LINK>
高岡早紀|Victor Entertainment

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館