トップページ ニュース 由紀さおり 新しくて懐かしい「21世紀の歌謡曲」をドラマティックに熱演する「ドラマティック コンサート2…

ニュース

由紀さおり

新しくて懐かしい「21世紀の歌謡曲」をドラマティックに熱演する「ドラマティック コンサート2013 PANDORA」

コンサート

2011年10月に発売したピンク・マルティーニとのコラボレーションアルバム『1969』が世界でブレイクし、現在もなお世界中を飛び廻っている由紀さおり。2013年3月には、松尾潔プロデュースによる洋楽カバーアルバム『スマイル』を発売し、美しい日本語を追求した“21世紀の歌謡曲“を伝えるコンサートツアーも行っている。

そんな由紀さおりの<今>を表現する「ドラマティック コンサート2013 PANDORA」を赤坂ACTシアターにて、6月18日から23日までの6日間7公演開催の前日、ゲネプロを行った。2部構成となり、1部は由紀さおりの部屋をステージに作り上げ、プライベートな空間での語りと歌で、普段は見せない由紀の日常と素顔をのぞかせる。第2部では、由紀さおりの歌ってきた道、デビューから44年を歌で綴る44曲メドレーがハイライトに。アルバム『スマイル』の全楽曲を含むトータル64曲を熱演。親しみやすい笑いと心地よい歌声に包まれ、観る者を至福のひとときへと誘った。

ピアノとアレンジを手掛けている川口大輔による呼びかけで、J-POPシーンの若き実力者が総結集。参加ミュージシャンは、樋口直彦(Guitar:ex.bird)、波多江健(Drums:ex.CHEMISTRY)、大神田智彦(Bass:ex.平井堅)、伊澤一葉(Keyboard:ex.東京事変)を始め、ホーンセクションとカルテットを従え、息づかいとバンドの音が一体となる、妙(たえ)なるグルーヴを生み出している。

1曲ごとにドラマが異なる歌の世界を、ドラマティックに、丁寧に表現するこのPANDORA公演。時にダンサーを交え、歌って踊り、軽やかなステップを踏む。歌謡曲で世界中の人々を魅了し、女優の顔も持ちながら、エンターテインメントを極めてきた由紀さおりの生き様が伝わってくる。由紀さおりはますます艶めき、円熟味を増しながら、冒険心と探究心で常に<今>を生きている。

由紀さおり
【ドラマティックコンサート2013 PANDORA】

6月18日(火)18:30~
6月19日(水)14:00~
6月20日(木)14:00~
6月21日(金)14:00~
6月22日(土)13:00~、17:00~(2回公演)、
6月23日(日)13:00~
以上6日間7公演
【会場】赤坂ACTシアター

130618J

<LINK>
由紀さおりオフィシャルウェブサイト
『スマイル』各曲紹介ページ – EMI Music

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館