トップページ ニュース 門倉有希 デビュー20周年記念コンサートで全25曲熱唱

ニュース

門倉有希

デビュー20周年記念コンサートで全25曲熱唱

コンサート

今年で20年目を迎えた門倉有希が27日、東京・渋谷区文化総合センター大和田・さくらホールで「門倉有希ライブ20th Anniversary~花は咲く~」と銘打ったデビュー20周年記念コンサートを開いた。

記念シングルの新曲「私は今、生きている」(5月22日発売)が話題を呼んでいるなかで行われたこのコンサートは、東京、名古屋(5月24日)、大阪(6月12日)の全国3カ所でのツアーのファイナル公演。

熱烈なファンを前に、「名古屋、大阪とやり、今日で終わりですが、どの会場も皆さんが温かく迎えてくださいました。今日は、この20年、私を応援してくださった方々に感謝を込めて歌わせていただきます。最後まで皆さんと楽しく過ごせたらいいなと思います」と笑顔であいさつし、デビューから今日までの20年間を歌とトークで振り返りながら5年ぶりに披露するデビュー曲「鴎…カモメ」をはじめ、代表曲「ノラ」、オリジナル曲から「どん底」「ひまわり」「北の駅」「幕間」「J」、NHK紅白歌合戦に初出場(1996年)したときの歌唱曲「女の漁歌」など、アンコールを含めて全25曲を熱唱した。

アンコール前のラストソングは、昨年発売のベストアルバムからのシングルカット曲で、福島県出身の彼女が東日本大震災からの復興を祈ってレコーディングしたメッセージソング「私は今、生きている」を、歌詞の一語一語を噛みしめながら歌いあげ、最後まで客席を魅了した。20年を振り返って、「あっという間でしたね。気がついたら20年がたっていたという感じで、20年たった実感が全然ありません。それだけ充実していた20年間だったということが言えますし、好きな歌を今日まで歌ってくることができて本当に幸せです」と感激。

新曲「私は今~」については「この作品と出合って、命の大切さを改めて知りました。この歌を聴いて、皆さんにも命の大切を感じていただければいいなと思います。福島出身の私がこの歌を歌うことで東日本大震災のことをいつまでも忘れないでいてほしいですし、多くの皆さんを勇気づけられたら…」とアピール。

20年目を迎えたいま、「20年は私にとっての通過点です。これからもいい歌をたくさん歌っていきたいですし、『ノラ』を超えるヒット曲が出ていないので、20年目を迎えた今年から来年にかけて『ノラ』を超える大ヒット曲を出したい」と意欲を燃やしていた。

門倉有希
デビュー20周年記念シングル
門倉有希「私は今、生きている」
2012年5月22日発売
CD:VICL-36782 /カセット:VISL-36782 \1,200(税込)


門倉有希「私は今、生きている」(YouTube)

<イベント情報>
門倉有希「私は今、生きている」発売記念
ミニライブ&サイン会
7月6日(土)13:00~
トークタウン 1階セントラルコート(大阪府岸和田市)
7月6日(土)17:30~
プレンティ アトリウムコート(兵庫県神戸市)
7月7日(日)12:30~
おおとりウイングス 1階中央広場(大阪府堺市)
7月7日(日)17:30~
イトーヨーカドー明石店 3階イベント広場 (兵庫県明石市)
7月13日(土)①13:00②15:00
小田原ダイナシティウエスト1Fキャニオンステージ(神奈川県小田原市)
7月14日(日)①13:00 ②15:00
イオンモール津田沼 1Fさくら公園側特設会場(千葉県習志野市)
7月19日(金)①13:00 ②15:00
上尾ショーサンプラザ 1階センターコート(埼玉県上尾市)
7月21日(日)①13:00 ②15:00
イトーヨーカドー錦町 1Fイベント広場(埼玉県蕨市)

<LINK>
門倉有希オフィシャルサイト

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館