トップページ ニュース 新沼謙治 新沼謙治 「ふるさとは今もかわらず」子供たちと公開レコーディング

ニュース

新沼謙治

新沼謙治 「ふるさとは今もかわらず」子供たちと公開レコーディング

CD

新沼謙治が自ら作詞・作曲した新曲「ふるさとは今もかわらず」が小学校教材用の譜面集(音楽の友社)に採用され、それに準拠したCDがコロムビアから発売されることになった。そのレコーディングが10月6日行われた。レコーディングは女子30名、男子1名から成るすみだ少年・少女合唱団が参加し、その現場に新沼本人も応援に駆けつけた。

131009A2
この「ふるさとは今もかわらず」は新沼謙治が震災、奥様の死を乗り越え、ふるさとの明るい未来と復興を思いながら作詩・作曲した楽曲で、昨年の11月21日に「雪の宿/ふるさとは今もかわらず」の両A面シングルの2曲目として発売。その爽やかなメロディと新沼の歌声、バックコーラスで合唱した子供たちの清らかな歌声で、瞬く間に多くの人々の共感を呼び、大きな話題となった。

11月の発売以降は、この「ふるさとは今もかわらず」を合唱で歌いたいと言う声が大きくなり、レコード会社のコロムビアレコードが譜面のダウンロードを開始。この4月、5月の「NHK歌謡コンサート」で新沼が歌唱し、さらに大きな反響を呼び、7月には「ふるさとは今もかわらず」をA面とした「ふるさとは今も変わらず(シンフォニック・バージョン)」を発売。これが オリコンシングルチャートで新沼謙治として36年2ヶ月ぶりにTOP30に入り、以降もロングヒットを継続中。まさにふるさとを思う人々の世代を超えたスタンダード曲になりつつある。そんな中、今回、この「ふるさとが今もかわらず」が2014年の小学校教材の合唱用譜面集、決定版!みんなでうたう卒業式の歌ベストセレクション「旅立ちの日に2」[同声版](音楽之友社)に採用されることとなった。

子供たちの合唱を聞いた新沼は「すばらしいです。うるっときてしまいますね。感動的というか、この曲の雰囲気がまた違った別な意味でのさわやかさを今日は感じました。」と語ると、「ふるさとへ震災後、何度か帰りました。自分が育った近所の川をずっと歩いてたら、ちょうど本当に静かな朝もやの中、川が流れていて、空気も鳥も人も花もなんかみんな同じ、ひとつに自然に抱きしめられた、すごく今までにない感じでした。自然っていいなって言うものと、そこで生まれて育ったことへの感謝の気持で、自然に抱きしめられた感じでこの歌がすっと出てきました。今日は皆さんの歌を聴いていて、その瞬間に戻ったような気がしました。」と感想を述べた。

その後、新沼も合唱に加わり、同曲を歌唱。囲み取材では「感動しました。かわいい子達で、一緒に歌っていて楽しかったです。」と語り、今回のヒットに関して「ヒットは間違い。この間違いは自分の運とか社会の運とか、そういうものが一つになったときに自分の持ってる以上の力が出る。ふるさとありがとうって感じです」。また、年末の紅白に関して「紅白は出たいです。最高に出たい。紅白は日本を代表するし、世界に向けた人たちにもこの歌を聴いてもらいたいし、ここまで頑張ってきていい状態なので、それを大舞台で歌えたら、みんなにもっと幸せを分けてあげられるので、個人的な希望ですが、出たいなと思います。」と意欲を述べた。

新沼謙治
「ふるさとは今もかわらず」
シンフォニック・バージョン/合唱バージョン

131019A3
2013年7月13日発売
COCA16752 / 1,300円(税込)

【収録曲】
1.ふるさとは今もかわらず(シンフォニック・バージョン)
作詩・作曲:新沼謙治 編曲:村松祟継
2.ふるさとは今もかわらず(合唱バージョン)
《歌》杉並児童合唱団 作詩・作曲:新沼謙治 編曲:尼崎裕子
3.ふるさとは今もかわらず(オリジナル)
作詩・作曲:新沼謙治 編曲:尼崎裕子
4.ふるさとは今もかわらず(シンフォニック・バージョン)
カラオケ【コーラスあり】
5.ふるさとは今もかわらず(シンフォニック・バージョン)
カラオケ【コーラスなし】
6.ふるさとは今もかわらず(オリジナル)
カラオケ【ピアノ伴奏のみ】

<LINK>
新沼謙治「ふるさとは今もかわらず」特設サイト|日本コロムビア

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館