トップページ ニュース ジュディ・オングほか ディスクユニオンの新レーベル”昭和歌謡ジュークボックス”始動!

ニュース

ジュディ・オングほか

ディスクユニオンの新レーベル”昭和歌謡ジュークボックス”始動!

CD

ディスクユニオンの新レーベル”昭和歌謡ジュークボックス”始動、記念すべき第1回発売タイトルに貴重な作品3作が並んだ。まずは、ジュディ・オングの究極の発掘アイテム。

1986年に『素敵な貴方』というタイトルでとリリースされていたアルバムを「ジュディ・オング ジャズ・スタンダードを歌う Judy Ongg Sings Jazz Standards」とタイトルを改めてリリース。これは、NHK総合テレビで放送されていた音楽番組「ザッツ・ミュージック」の音源を収めたもので甘いストリングスにのせ、キュートな声で威風堂々とボーカルが魅力的。編曲・指揮は前田憲男が担当。その音源を最新リマスターし、さらにジャケットは、和ジャズの香りが漂うイメージになっている。ジュディ・オングのファンはもちろん、ジャズ・ヴォーカル・ファン、歌謡曲ファン等、幅広い音楽ファンに愛される作品になるはず。

ジュディ・オング
ジュディ・オング ジャズ・スタンダードを歌う
131112_2
2013年11月23日発売
DSKA001 / 2,520円(税込)

2作品目はマザー・グースというグループの「貿易風にさらされて / マリン・ブルー」という作品。山下達郎の初プロデュース作品として、レア盤とされているレコードを、7インチシングル盤のまま復刻し、400枚限定で発売する。山下達郎がアレンジを担当したことが、イントロを聞いただけで分かる、シュガーベイブ流シティポップで、ティンパン勢で固められた超豪華メンバーのバック陣にも注目のアイテム。

マザー・グース
貿易風にさらされて / マリン・ブルー
131112_3
7″(レコード) 2013年11月23日発売
DSKA-002 / 1,890円(税込)

そして最後は、しばたはつみ「ひとめ惚れ / アンヌの物語」。こちらもマザー・グース同様に、7インチシングル盤のまま復刻。近年の和モノブームで人気のアイテム「ひとめ惚れ」のB面にこちらも人気急上昇の歌謡レアグルーヴ決定版「アンヌの物語」を収録。70年代の村井邦彦のベストワークのひとつとして知られている。

しばたはつみ
ひとめ惚れ / アンヌの物語
131112_4
7″(レコード) 2013年11月23日発売
DSKA-003 / 1,890円(税込)

また、ディスクユニオンは11月23日(土・祝)に「昭和」に関連するカルチャー全般が集合する店「昭和歌謡館」を新宿にオープンさせる。単なる懐かしさだけにとどまらない、現在進行形モードで魅惑にあふれた昭和歌謡の世界を追求していくという。昭和歌謡、1960~1980年代までのアイドル、ニューミュージック、フォーク、SP時代のポップス、ロカビリー、GS(グループ・サウンズ)、演歌、落語、その他 昭和カルチャー全般を取り扱う予定。

<LINK>
diskunion: 昭和歌謡館 (2013年11月23日 OPEN!)
ディスクユニオン昭和歌謡館 facebook
ディスクユニオン昭和歌謡館 (@diskunion_showa) Twitter

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館