トップページ ニュース 藤圭子 藤圭子、オリジナルアルバム2タイトルを初CD化!

ニュース

藤圭子

藤圭子、オリジナルアルバム2タイトルを初CD化!

CD

今年8月に急逝した藤圭子のオリジナルの3rdアルバム『さいはての女』(オリジナル発売:1971年3月5日)と4thアルバム『知らない町で』(オリジナル発売:1971年12月25日)の2タイトルが初CD化、11月27日に発売される。2タイトルとも最新リマスタリングを施し、次世代高品質CD「Blu-spec CD2」での発売となる。

今年4月、ソニー・ミュージックダイレクトの「名盤復刻シリーズ」として、『新宿の女』『女のブルース』の2枚のオリジナルアルバムが次世代高品質CDのBlu-spec CD2で発売された藤圭子。その4か月後の8月22日、誰もが予期せぬ形でこの世を去っ
てしまった藤だが、その歴史はまさにレジェンドと呼ぶにふさわしい。1970年3月30日から翌年1月11日付まで、オリコンアルバムチャート42週連続で1位を記録。しかも1970年3月30日から7月27日付の18週間は、シングル&アルバムの両チャートで第1位
を獲得。この前代未聞の大記録は、オリコンチャート開始以来現在に至るまで、誰にも破られていない。そしてその栄誉を称え、今年のレコード大賞では特別功労賞も受賞するなど、デビュー当時社会現象にまでなったその存在感と歌唱力が、今あらためて再評価されていると言えるだろう。

そうした状況を受けての、このたびの復刻となる。『さいはての女』は、藤が“いい歌”と語っていた「恋仁義」など、ヒットシングル4曲を含む全12曲を収録。また『知らない町で』は、作詞家の故・阿久悠氏が「なんで演歌は北へ北へと行くんだろう。たまには南に行ってみないものか」と言って書いたという、あの「京都から博多まで」を含む全12曲を収録している。また、それぞれ当時のLP盤に封入されたカード、ピンナップポスターをCD用に縮小して復刻、封入した。

3rdアルバム
『さいはての女』
(オリジナル発売:1971年3月5日)
131126_2
2013年11月27日発売
MHCL-30193 / 1,890円(税込)

4thアルバム
『知らない町で』
(オリジナル発売:1971年12月25日)
131126_3
2013年11月27日発売
MHCL-30194 / 1,890円(税込)

<LINK>
藤圭子|OTONANO powered by Sony Music Direct (Japan) Inc.

 

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館