トップページ ニュース モップス モップス、EMI時代のアルバム前7タイトルが再発売

ニュース

モップス

モップス、EMI時代のアルバム前7タイトルが再発売

CD

日本のサイケデリック・ロックのパイオニアであり、ニュー・ロックの旗手として一世を風靡したモップスのアルバム7タイトルが4月30日に再発売された。

1967年にビクターから「朝まで待てない」でデビュー後、1969年に東芝レコードに移籍。その後はロック・スタンダードである「たどりついたらいつも雨ふり」をはじめ、「月光仮面」「御意見無用」など多くのヒットを放った。後に俳優・タレントとしても活躍した強烈な個性の持ち主であるボーカル・鈴木ヒロミツ、RCサクセションや井上陽水ら数多くのビッグ・アーティストのプロデュース&編曲を手がけ、現在も第一線で 活躍する星勝を擁し、シンプルで骨太なロックン・ロールサウンドを得意としたモップスは、当時のアイドル的人気のバンド達とは一線を画し、耳の肥えた音楽ファンや、ミュージシャンからも大きな支持を集めた玄人好みのバンドであった。

1974年5月に解散。2014年は解散40年のメモリアル・イヤーにあたる。

<オリジナル・アルバム>
「ロックン・ロール’70 +2」(1970)
「御意見無用(いいじゃないか) +1」(1971)
「雨 モップス’72 +2」(1972)
「モップスと16人の仲間 +2」(1972)
<ライブ・アルバム>
「雷舞 +6」(1971)
「EXIT +2」(1974)
<ベスト・アルバム>
「モップス1969-1973 +3」(1973)*初CD化!

2014年4月30日発売
各1,800円+税

※各タイトルに星勝自身による解説収録
※各タイトルに初CD化を含むボーナストラック多数収録、EMI時代のモップスの音源をすべて網羅!
※すべて2014最新リマスター音源

※ザ・モップス 1st ALBUM
『サイケデリック・サウンド・イン・ジャパン +2』(1968年)
Victor Entertainmentより発売

<LINK>
モップス | THE MOPS – UNIVERSAL MUSIC JAPAN –

 

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館