トップページ ニュース 川上大輔 初のワンマンホールコンサートが満員御礼大熱狂のうちに終了

ニュース

川上大輔

初のワンマンホールコンサートが満員御礼大熱狂のうちに終了

イベント

「ビジュアル歌謡」の新星、「和流スター」の本命として、大きな人気を集める川上大輔のワンマンライブが、『FIRST IMPACT ~川上大輔LIVE2014~』と題して、2014年6月1日、東京/新橋のヤクルトホールにて開催された。

最新シングル「言葉に出来ない男です」とセカンドアルバム「パシオン~言葉に出来ない男です~」がヒットを記録し、まさに歌謡界のニュースターとして人気急上昇中である。そんな川上大輔の今回の公演は自身初となるワンマンライブ。そして、初ワンマンにしてホールでの開催。チケットは一般発売されるや瞬時完売。デビュー1年の演歌・歌謡曲系の新人としては異例の快挙 として、業界でも大きな話題となるなど注目を集めていた。

そんな勢いを示すかのように、会場はマチュア(成熟)世代の観客を中心に満員御礼札止め。デビューからわずか1年と3か月での初のワンマンライブ。しかしそこには、歌手デビューを目指してからは下積み修行期間として8年を要した川上大輔ならではの、「思い出」と「今」そして「未来」が詰まっていた。

オープニングはバックライトで姿が浮かび上がる中、アカペラで「愛の讃歌」を歌唱。続いて、ヒットシングル「アモーレ・アモーレ」のイントロとともに川上大輔の全身が照明で映し出されると、超満員の会場は「大ちゃーん!」の大歓声と大絶叫に包まれた。「歌謡界のニュースター」の登場に、そのボルテージはいきなりピークに。MCでは「(今日のライブの)タイトル通り“最初の衝撃”をみなさんに感じていただければ。また僕自身も初めて(のライブ)ですから、出来ればそんな衝撃を自分自身も感じたいと思っています!チケットも瞬時完売したと聞きました。本当にありがとうございます。今日お越しのみなさますべての方に今一度心から感謝申し上げます。ありがとうございます!僕自身の感謝の思い、そして歌に対する熱い思い、そんな色々な思いを今日のステージ1曲1曲最後まで心を込めて全身全霊で歌わせていただきたいと思っております」と語った。

140601_2
今回は、ギター、ベース、ドラム、キーボードの生バンドを従えてのライブ。生バンドならではのグルーブとともにアッパーチューンではこれでもかと盛り上がり、また、ミディアム~バラードチューンでは、その美声に酔いしれるなど、圧巻のステージが続いた。セットリストは過去に発表された、昭和を中心とした数々の名曲カバーやオリジナル楽曲の他にも、ワンマンライブならではのカバー曲も新たに初披露。話題のヒット曲「レット・イット・ゴー~ありのままで~」(『アナと雪の女王』より)や「First Love」(宇多田ヒカル)「赤いスイートピー」(松田聖子)、「オン・マイ・オウン」(『レ・ミゼラブル』より)などが初披露された。

また、その生い立ちをまとめたスペシャルフォトが上映されるコーナーなど、憎い演出コーナーも観客を多いに沸かせていた。本編のラストは、自身初のドラマ主題歌にも起用された最新ヒットシングル「言葉に出来ない男です」、そして昭和の名曲「あなたのすべてを」で締め、最後のMCでは、クリスマスの頃に次回のワンマンライブが開催されることも本人の口から初発 表され(詳細は後日オフィシャルHPで発表されるとのこと)、会場から万雷の拍手が湧き上がっていた。

140601_3
ダブルアンコールでは、「人生限られた時間、そして限られた出会い、そんな中で、人は楽しいこと、辛いこと、色々経験していきます。僕が思うにはおそらく楽しいことより辛いことの方が人生においてはたくさんあるかもしれないです。愛する方々がおそらくみなさんにいらっしゃると思います。僕にもいます。なかなか生きるだけでも大変な今の世の中、明日が見えないそんな不安を抱えながらおそらくたくさんの世界中の方々が生活されていると思ったりします。みなさんの笑顔、そして幸せを、何よりも心から心から願っています」のMCとともに「誕生」(中島みゆき)を歌唱。その曲中では、マイクを外して歌い上げ、まさに「生」の「歌声」が会場を包み込んでいった。

全24曲、3時間近いボリューム。しかし、そのエンタテインメント性溢れ、かつ濃密な時間はあっという間に過ぎて行った。そのエネルギーに、多くの人が「歌謡界のニュースター」の更なる「未来」を感じたに違いない。

<セットリスト>
★第1部
OP. 愛の讃歌
M1. アモーレ・アモーレ
M2. 愛をひと雫
M3. ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー
M4. ウナ・セラ・ディ東京
M5. 愛人
M6. 恋人よ
M7. 夢一夜(ゆめひとよ)
M8. レット・イット・ゴー~ありのままで~
M9. First Love
M10. 赤いスイートピー
M11. オン・マイ・オウン

★第2部
M1. べサメムーチョ
M2. 好きと云ってよ
M3. そっとGood bye
M4. 雨に煙る街
M5. 星降る街角
M6. 6片想いのロマンス
M7. よせばいいのに
M8. 言葉に出来ない男です
M9. あなたのすべてを
[アンコール]
En1. アモーレ・アモーレ
En2. 黄昏のビギン
En3. 誕生

歌謡曲リミテッド 川上大輔インタビュー記事
◆2014年3月公開
「デビュー2年目、溢れる情熱注ぎ込んだ新曲と2ndアルバム」
◆2013年10月公開
「“ビジュアル歌謡”の新星、第二弾はオリジナル楽曲で勝負」

<LINK>
川上大輔 DAISUKE KAWAKAMI オフィシャルサイト
川上大輔|Warner Music Japan
川上大輔公式YouTube Channel

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館