トップページ ニュース 吉田拓郎 ソニー時代の楽曲を集めたCD-BOXが高品質CD6枚組でリニューアル

ニュース

吉田拓郎

ソニー時代の楽曲を集めたCD-BOXが高品質CD6枚組でリニューアル

CD

吉田拓郎のソニー在籍時代(当時CBS・ソニー)の楽曲を集めたCD-BOX『Takuro Premium 1971-1975』のリニューアル企画盤が6月25日にリリースされた。

ソニー在籍時代にリリースされた『元気です。』『伽草子』『今はまだ人生を語らず』の3枚のオリジナル・スタジオアルバムに、1973年11月26日と27日に東京中野サンプラザホールで行われたコンサートを収録し「ライブ・アルバムの傑作」として知られる『よしだたくろう LIVE’73』、さらにシングルAB面を発売日順に収録した『シングル・コレクション』(アルバム未収録楽曲も網羅)を加え2009年に発売された5枚組『Takuro Premium 1971-1975』。今回のリニューアルにあたり、2012年発売の『吉田拓郎ライブ コンサート・イン・つま恋’75』を加え、6枚組にグレードアップされた。このアルバムは1975年8月2日から3日にかけ、静岡県掛川市の満水つま恋多目的広場で開催された日本初のオールナイト・イベント「つま恋 ’75」でのパフォーマンス10曲に、リハーサル音源1曲を加えてCD化したもの。前述の「LIVE ’73」と同様、当時の吉田拓郎の勢いを耳から体感できる強力盤だ。上記の収録ディスク全6枚を高品質Blu-spec CD2にし、BOXのデザインも一新、完全生産限定盤でのリリースとなる。

140625_3
また同日、音楽配信サイトmoraにてアルバム『元気です。』のハイレゾ配信もスタート。1972年7月21日にCBS・ソニー移籍第一弾アルバ ムとして発売された今作は、フォーク、そして日本のミュージックシーンに刻まれる名盤として、現在に至るまで吉田拓郎のアルバムとしては最高の セールスを記録している。「旅の宿」「夏休み」「祭りのあと」、ザ・モップスに作品提供した「たどり着いたらいつも雨降り」など全15曲を収録。オリジナルアルバムのアナ ログ・トラックダウン・マスター・テープからハイレゾリューション用に新たにリマスタリングしての配信となる。より原音に忠実な高品質で、作品本 来の迫力をより強く感じることができる。

6月30日の東京国際フォーラム ホールAを皮切りに、2年ぶり全5公演の首都圏ツアーがスタートする吉田拓郎。会場に足を運べる幸運な人も、残念ながらその機会を逃した人も、この2つの リリースを機会に、その歴史と名曲の数々を振り返ってみるのも良いだろう。

『Takuro Yoshida Premium 1971-1975』
吉田拓郎
140625_2
完全生産限定盤
MHCL-30240~5 / 13,200円+税
CD6枚組/全76曲

<LINK>
『Takuro Yoshida Premium 1971-1975』スペシャルサイト
OTONANO powered by Sony Music Direct (Japan) Inc.

「元気です。」よしだたくろう ダウンロード ハイレゾ配信moraサイト

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館