トップページ ニュース 畑中葉子 初のCDリリースイベント開催「目標は、紅組から紅白歌合戦に出ること」!

ニュース

畑中葉子

初のCDリリースイベント開催「目標は、紅組から紅白歌合戦に出ること」!

イベント

畑中葉子が、東京のdues新宿にてソロ・デビュー35周年記念となるCD4枚組『後から前からBOX』のリリースイベント“ディスクユニオン昭和歌謡館×マルベル堂presents「畑中葉子ミニライブ&トークショー」”を9月13日に行った。

彼女にとって初のCDリリースイベント。観客はリアルタイムでファンだった50代の男性だけじゃなく、当時小中学生だった40代、さらには後追いでファンになった20代・30代の男女も目立ちました。ちなみに、本BOXは“後からも前からもCDが取り出せる仕様”や“良心的なロック価格、6900円(税抜)”が話題となり、 ディスクユニオンのロックチャートでは週間1位に輝いた。

第一部は、当時の制作を務めた梶原進氏と畑中をゲストに迎えてのトークショー。梶原氏から、「後から前から」やビートたけしとのデュエット「丸の内ストーリー」の制作秘話が披露され、特に「丸の内ストーリー」については 「当時、放送禁止になるほどビートたけしのアドリブトークが衝撃的だったが、実は、レコード化されていないもっと過激なのがまだ2テイクある。現代風のアレンジで出し直したい」と熱弁。また、一部の後半ではマルベル 堂での撮影エピソードを畑中が披露。35年前に撮影に使った白い椅子に座りながら、清純アイドル風のポーズやカーリーヘアでのワイルドなポーズな ど約10点の特製プロマイドについて想い出話に花が咲き、記念に当時と同じポーズ、同じ椅子で撮影した。

140917_2
第二部は全5曲のミニライブで、ビブラートを強く響かせつつ、現役感あふれるつややかな歌声で観客を魅了。イントロが始まった途端、観客がノリノ リで手拍子する定番の「後から前から」、さらにヒートアップして「もっともっと!」コールが咲き乱れた「もっと動いて」、希望するお客さんとデュ エットする「カナダからの手紙」、アルバム収録曲ながらファンからのリクエストが多いラブ・バラード「Solitude」、そしてデビュー曲の 「ロミオ&ジュリエット’79」と、振り付きでのリズミカルな歌唱で大盛況となった。

140917_3
畑中は、「皆さんの応援があるから、こうして歌うことが出来ます」と深々と礼をしつつ感謝を述べ、「これが、歌手としての再スタート。私の歌を届 けられる場所を一つでも多く作りたい。目標は、恩師・平尾先生が『蛍の光』を指揮されるNHK紅白歌合戦に紅組から出場することです!」と熱く 語った。(※当時は、平尾昌晃とのデュエットで白組として出場。)

なお、畑中は9月17日に平尾昌晃&畑中葉子での全デュエット作品を収録した『ゴールデン☆ベスト』を発売、11月6日~11日には、演劇集団ネオゼネレイター・プロジェクトの25周年公演に出演、そして12月からは定期的なライブの再開と、精力的に活動していく。

歌謡曲リミテッドNEWS
9月に平尾昌晃とのデュエット集ベスト発売
ソロ・デビュー35周 年記念、「後から前からTシャ ツ」第二弾・数量限定発売!
ソロ・デビュー35周年BOXリリース 50曲以上が初CD化のレア音源

<LINK>
畑中葉子|Victor Entertainment
畑中葉子公式ブログ|yaplog!

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館