トップページ ニュース デューク・エイセス 11年ぶりのシングル「生きるものの歌/友よさらば」が先行配信スタート

ニュース

デューク・エイセス

11年ぶりのシングル「生きるものの歌/友よさらば」が先行配信スタート

CD

今年60周年を迎えるデューク・エイセスが松尾潔氏をプロデューサー迎えて制作された11年ぶりとなるシングル「生きるものの歌/友よさらば」が10月22日にCDシングルとしてリリースする。CDリリースに先駆け、シングルの先行配信が10月8日からスタートした。

「生きるものの歌」のオリジナルは、1975年、NHKの番組テーマソングとして、永六輔氏が作詞・歌唱し「ロクスケシンガーズ」名義で発表された楽曲。これまで、加山雄三さん、ペギー葉山さん、中島啓江さんらにカバーされてきた。デュー ク・エイセスは、発表されたその1975年、ラジオの公開放送で永六輔氏と共演し歌唱して以来40年間、同曲を重要なレパートリーとして自らのステージで歌い続けてきたが、今回が初のスタジオレコーディングとなる。作曲は中村八大氏。二人の盟友は、「黄昏のビギン」「上を向いて歩こう」「こんにちは赤ちゃん」など、それまで数多くの名作を生み出してきた。

デューク・エイセス – 「生きるものの歌」(語り:永六輔)

リーダーの谷道夫は『1955年に結成されたデューク・エイセスも今年結成60年目を迎えました。4人の仲間を結びつけた数多くの音楽と、皆さまのお力添えによって歩んできた60年です。私たち4人は出身地も性格も声の高さも声の質も違いますが、4人が声を合わせて歌う時、「デューク・ エイセス」という個性が生まれます。これはハーモニーが持つ力です。ハーモニーは音楽用語でもありますが、もとの意味は「調和」です。世界中で紛争の絶えない今日、「調和」という言葉はますます大切なものになっています。「生きるものの歌」は、デューク・エイセスにとっては「女ひとり」「おさななじみ」などのヒット曲とともに大事なコンサートのレパートリーの一つでした。これまでは作品として残すにはまだ早いと思っていました が、結成60周年を迎えた今だからこそ、身近な人の命を敬い、この歌を「歌いたい」という気持ちが強く芽生え、今の声で作品として残したいと思いました。40年前に生まれた曲とは思えない、力強さと普遍性に改めて感銘するとともに、デューク・エイセス60周年のテーマソングとして、また感 動することからはじまるという原点を忘れず、今後も歌い続けていきたいと思っています』と語っている。10月26日からは「結成60周年」を銘打った全国ツアーもスタートする。

「生きるものの歌」先行配信!
デューク・エイセス
iTunes
http://itunes.apple.com/jp/album/id920364514
レコチョク
http://recochoku.jp/artist/30209892/

「生きるものの歌/友よさらば」
デューク・エイセス
141014_A2
2014年10月22日発売
UPCH-80460 / 1,389円+税

<収録曲>
01 生きるものの歌
作詞:永 六輔/作曲:中村八大/編曲:川口大輔*語り:永六輔*
02 友よさらば
作詞:松尾 潔/作曲:松尾 潔&豊島吉宏/編曲:豊島吉宏&川口大輔
03 にほんのうた・メドレー
作詞:永 六輔/作曲・編曲:いずみたく
筑波山麓合唱団(茨城)~いい湯だな(群馬)~君の故郷は(東京)~オランダ坂をのぼろう(長崎)~別れた人と(兵庫)~十和田の底に(青森)~ 女ひとり(京都)~フェニックス・ハネムーン(宮崎)~THE ZEN<座禅>(福井)~ ロッコン・ロール(山梨)
04 生きるものの歌(オリジナル・カラオケ)
05 友よさらば(オリジナル・カラオケ)

結成60周年記念アルバム
「感謝還暦」
デューク・エイセス
141014_A3
2014年10月22日発売
UPCH-20460 / 3,240円(税込)

デビュー60周年記念ベスト盤。デューク・エイセスの原点となる、黒人霊歌&オールドジャズを中心に、松尾潔プロデュース新曲「友よさらば」、新録「生きるものの歌」(語り 永六輔)収録。アルバム・イラストレーション&デザイン: 和田誠

<収録曲(全20曲収録)>
01 友よさらば 02 恋人よわれに帰れ(Lover Come Back To Me) 03 A列車で行こう(Take The “A” Train) 04 スターダスト(Stardust) 05 ブロードウェイの子守歌(Lullaby Of Broadway) 06 ドライ・ボーンズ(Dry Bones) 07 ゴー・ダウン、モーゼス(Go Down, Moses) 08 ホエン・ワズ・ジーザス・ボーン(When Was Jesus Born?) 09 イン・ザ・イヴニング・バイ・ザ・ムーンライト(In The Evening By The Moonlight) 10 誰も知らない私の悩み(Nobody Knows The Troubled I’ve Seen) 11 愛しのアイーダ(Ida Sweet As Apple Cider) 12 ペーパー・ドール(Paper Doll) 13 キャラバン(Caravan) 14 スウィング・ダウン・シャリオット(Swing Down Chariot) 15 ジェリコの戦い(Joshua Fit The Battle Of Jeric) 16 サイド・バイ・サイド(Side By Side) 17 シュブーン(Sh-Boom) 18 ユー・ユー・ユー(You,You,You) 19 時には母のない子のように(Sometimes I Feel Like A Motherless Child) 20 生きるものの歌

「60年前の初心に帰り、情熱を今一度思い出す事が最も必要なんじゃないか、そんな気がして原点回帰の気持ちで、このアルバムを作りました。あの時のエネルギーを60周年にぶつけたい、ここからスタートした事をお客さんや支えてくれたスタッフと分かち合いたい。身体はあの頃に帰れなくても、気持ちが帰れるのは幸せな事だと思います。時代が便利になり過ぎて原点を忘れがちですが、人の心は変わらないですし、シンプルで心の琴線に触れる音楽は、今も感情を高ぶらせます。何十年にも亘り、人の心に響き続けた美しいメロディーを、そして新たな出発として歌う新しい歌を、ハーモニーもリズムもある情熱のカルテットで、感謝の気持ちを込めて届けます」(デューク・エイセス リーダー/谷道夫)

【コンサート情報】
10月26日(日)狛江エコルマホール(東京)
11月29日(土)鴻巣市立市民会館(埼玉)
12月15日(月)所沢市民文化センター(埼玉)
1月24日(土)京都芸術劇場(京都)
2月21日(土)神戸文化ホール(兵庫)
3月24日(火)東京文化会館(東京)
6月13日(土)伊勢崎市民文化会館(群馬)
10月4日(日)東久留米マロニエホール(東京)
その他、函館・深川・帯広・旭川・姫路・佐賀 And More…

<LINK>
デューク・エイセス オフィシャルサイト
デューク・エイセス – UNIVERSAL MUSIC JAPAN

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館