トップページ ニュース 中尾ミエ ニューアルバムにミッツ・マングローブとのデュエット曲収録、ミュージックビデオ公開

ニュース

中尾ミエ

ニューアルバムにミッツ・マングローブとのデュエット曲収録、ミュージックビデオ公開

CD

中尾ミエのニューアルバム『すれちがい ‐It’s my life‐』が4月8日発売にされる。

アルバムには2曲の新曲と60~80年代の名曲9曲の合計11曲が収録されているが、新曲のうちの1曲「すれちがい」はミッツ・マングローブとの異色デュエットになっており、発売に先駆けてミュージックビデオ公開された。

この曲は恋愛における男女の“すれちがい”をテーマに描かれた楽曲で、ミュー ジックビデオには、黒いスカート姿の中尾ミエが女性パートを、赤いド レス姿のミッツ・マングローブ男性パートを歌唱している姿がおさめられている。通常のデュエット楽曲のフォーマットに則りながらも、曲中の数か所で、すれ違う 男女の心理描写にリンクするように、異なるメロディ/歌詞を男女が同時に歌う、という他に類を見ないアクロバティックな構成が聴きどころだ。

そんなカラオケ猛者のチャレンジ精神をくすぐるだろう、この「すれちがい」 は、第一興商の「DAM★とも動画/録音」を使ったカラオケ応募施策が 4月8日からスタートする。1等賞品として2名が、「プロのディレクターの指導によるレコー ディング体験」が出来るという。詳細はDAM★ともサイトに掲載されている。

■中尾ミエによるコメント
「最初に『すれちがい』を聴いて、一緒にデュエットするのはミッツしかいないと思い、お願いしました。女と男の歌詞が違い、おもしろい仕上りに なったと思います。MVも不思議ワールドです。二人の掛け合いを楽しんで下さい」

■ミッツ・マングローブのコメント
「なんでもかんでも理解りやすさこそ正義みたいな世の中ですが、答えの出ない矛盾と不親切さこそが、真実だったりする時もあるんです。誰しもが首を傾げるくらいの横暴さを忘れてしまっては、ショービズは、ただの退屈凌ぎでしかなくなってしまいます。とは言いつつ、私もさっぱり状況が飲み込 めずにいます。ただただ、歌謡史に残る問題作であることには間違いありません」


中尾ミエ&ミッツ・マングローブ「すれちがい」MV

『すれちがい ‐It’s my life‐』
中尾ミエ
150406B_2
2015年4月8日発売
TKCA-74214 / 2,857円+税

<収録曲>
1.許されない愛(原曲:1972年 沢田研二)
2.ダンシング・オールナイト(原曲:1980年 もんた&ブラザーズ)
3.君をのせて(原曲:1971年 沢田研二)
4.過ぎ去りし想い出は(原曲:1977年 大塚博堂)
5.愛のフィナーレ(原曲:1968年 ザ・ピーナッツ)
6.ウナセラディ東京(原曲:1964年 ザ・ピーナッツ)
7.淋しいから(原曲:1978年 中尾ミエ)
8.時の過ぎゆくままに(1975年 沢田研二)
9.別れの朝(日本原曲:1971年ペドロ&カプリシャス)
10.すれちがい(新曲)(デュエット with ミッツ・マングローブ)
11.It‘s my life~私の人生(新曲)

<LINK>
中尾ミエ オフィシャルサイト
ミッツマングローブ オフィシャルサイト
第一興商 DAM★ともサイト
徳間ジャパン公式サイト

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館