トップページ ニュース 長谷川きよし 清水寺で「清水の舞台奉納コンサート・心震える時」開催

ニュース

長谷川きよし

清水寺で「清水の舞台奉納コンサート・心震える時」開催

コンサート

長谷川きよしが5月14日、京都・清水寺で「清水の舞台奉納コンサート・心震える時」を開催した。清水の舞台という特別な場所で日本のポップスのコンサートが開催されるのは初めてのこと。

一般の参拝客が閉門となる18時からセッティングを開始し、20時にスタートという忙しいスケジュールの中、しかも開場受付のタイミングで雨が降り出すという心配された天候であったが、スタート前にはそれまでの雨がピタリと止み、逆に魂が洗い流されたようなすがすがしい雨あがりの空気の中、コンサートは始まった。

まず清水寺の大西英玄氏による講話からスタート。もともとこの奉納コンサートは、長谷川きよしさんの新曲「心震える時」が、「命」の大切さをうたった歌であり、この歌を清水の観音様に奉納したいという長谷川さんの想いが出発点であった。その思いがさまざまな人の共感を呼んで輪が広がり、このたびの実現となった経緯もあり、大西氏からも「生きていくということは、自分自身と向き合うこと、そしてこれまで生きてきたすべての出会いを縁と考えること」という話があった。

法要勤修のあと、いよいよ長谷川きよしのコンサートへ。1曲目は「Over the rainbow」。長谷川さんのアコースティック・ギターと歌声のみのシンプルなステージながら、清水の舞台から長谷川さんの生命力にあふれたのびやかでしなやかで力強い歌声が、清水を取り囲む山々へと吸い込まれていく。デビューから45年を経て、ここに至るまでの話を織り交ぜながら、デビュー曲の「別れのサンバ」や初めて18歳の時にシャンソンコンクールで歌った「そして今は」など、長谷川さんのヒストリーを感じさせる選曲が並ぶ。

このコンサートのきっかけとなった「心震える時」はひときわ力強く演奏された。また京都に移住して4年になり、京都という古都をこよなく愛する長谷川さんならではの「祇園小唄」に続いては、このコンサートのために新たに書き下ろした新曲「千年の都」をお披露目し、詰めかけた200人の観客を魅了していく。ラストは、「心震える時」「千年の都」と同じく、作詞の長谷川孝水さんとの共作となる「夜はやさし」で10曲のコンサートは終了。拍手は鳴りやまず、再びステージに登場、「ダニー・ボーイ」のアンコールで、約1時間半のステージは幕を閉じた。

「命の意味を改めて見つめ直す」というメッセージとともに、その場を共有したすべてのお客様やスタッフの心が浄化されたかのような、奉納コンサートであった。

<LINK>
長谷川きよし – UNIVERSAL MUSIC JAPAN

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館