トップページ ニュース 井上ヨシマサ 活動30周年記念、オリジナルアルバム&自叙伝エッセイを発売

ニュース

井上ヨシマサ

活動30周年記念、オリジナルアルバム&自叙伝エッセイを発売

CD

作詞・作曲・編曲家として数多くのヒット曲をシーンに送り出し、日本のポップミュージックへ多大な影響を与え続けている井上ヨシマサ。1985年に小泉今日子のアルバム「Flapper」の収録曲「Someday」で作曲家デビューを果たして以来、今年で作詞・作曲・編曲家のキャリアは30周年を迎えることになる。その記念すべきこのタイミングで、井上ヨシマサのオリジナルアルバム「それぞれの夢~井上ヨシマサ30周年記念アルバム~」と自叙伝エッセイの発売が決定した。

1979年に弱冠13才の若さで、バンド「コスミック・インベーション」にてデビュー。翌年には武道館にてYMOの前座を務めるなど当時から注目を集めていた。以来、小泉今日子への楽曲提供を皮切りに、中山美穂・沢田研二・田原俊彦・光GENJIといったトップアーティストへの作曲を手掛け、今でもオンエアーされ続けているレオパレス21のCMソング「それぞれの夢」を手掛けるなどその才能を存分に発揮する。

2007年以降はAKB48の立ち上げと共に作曲を開始。以後、「大声ダイヤモンド」「10年桜」「涙サプライズ!」「RIVER」「Beginner」「Everyday、カチューシャ」「真夏のSounds good!」「UZA」「希望的リフレイン」といったミリオンセラーを含む数多くのヒット曲を手掛け、今現在の日本の音楽シーンへ大きな影響を与えてい る。

今回のオリジナルアルバムには「真夏のSounds good!」やレオパレス21 CMソング「それぞれの夢」といったセルフカバー曲をはじめ、秋元康とのやり取りやGoogle+(Googleが運営するSNS)がきっかけで生まれた曲などが収録され、バラエティに富んだ内容になるという。また、自身では初となる単行本自叙伝では、井上ヨシマサの幼少期からAKB48メジャーブレイクの秘話など、これまでのキャリアが余すことなく綴られている。

アルバムはキングレコードから7月29cに、単行本自叙伝は双葉社から7月14日にそれぞれ発売予定。8月1日には、「井上ヨシマサLIVE」と銘打ったライブが六本木Morph-Tokyoで開催決定している。

CDアルバム
「それぞれの夢~井上ヨシマサ30周年記念アルバム~」
井上ヨシマサ
2015年7月29日発売
KICS-3210 / 2,400円+税
キングレコード
<収録曲>
「真夏のSounds good!」セルフカバー、レオパレス21 CMソング「それぞれの夢」セルフカバー他

書籍
「神曲ができるまで(仮)」
井上ヨシマサ 著
2015年7月14日発売
価格未定
双葉社

<LINK>
井上ヨシマサ KING RECORDS OFFICIAL SITE
井上ヨシマサ(よすす)OFFICIAL WEB SITE

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館