トップページ ニュース 東京大衆歌謡楽団 長嶋茂雄も絶賛!昭和の流行歌を歌う3兄弟ユニットがデビュー

ニュース

東京大衆歌謡楽団

長嶋茂雄も絶賛!昭和の流行歌を歌う3兄弟ユニットがデビュー

CD

昭和初期の流行歌をこよなく愛し、過去へタイムスリップしたような懐かしいスタイルの歌唱で若い人からお年寄 りまで幅広い年齢層の支持人気を集めている、兄弟3人による音楽ユニットの東京大衆歌謡楽団が、6月17日に日本コロムビアよりアルバム『街角の心』で公式デビューする。

メンバーは、唄・高島孝太郎、アコーディオン・高島雄次郎、ウッドベース・高島龍三郎の3兄 弟。平成21年4月、長男・孝太郎と次男・雄次郎の2人と、前任のウッドベース・髙鳥玲の3人で結成。髙鳥が脱退し、「三社祭で2人 がやっている姿に感銘を受け」て、安定した仕事をやめた三男・龍三郎が今年3月から加入し、3兄弟でのバンドとなった。これまで浅草、上野などの街頭演奏や単独公演などで徐々に人気&知名度を上げ、それが同社の目にとまって今回、公式デビューすることになった。

6月15日、 東京・銀座の音楽ビヤプラザ・ライオンにて、デビューお披露目演奏会を開催した。マスコミ関係者ら100人が詰めかける中、紹介VTR&プロモーション・ビデオ放映後、3人が登場して演奏会がスタート。昭和初期の流行歌から「東京ラプソディ」をはじめ、「二人は若い」「緑の地平線」「上海帰りのリル」「青い山脈」など全8曲を熱唱した。

150618A_2
その中で、雄次郎は「『大衆の心を歌う』ということを岡晴夫さんは言われたそうですが、大衆の心とはどういうものか。地べたに這いつくばって、泥をかけられながら…、隅田公園で演奏したときに何となくですけれども本当の大衆の気持ちというのがわ かったような気がしました。でもこれから先、人生は長いですし、われわれはまだ発展途上ですので、ぜひ皆さまのお力をお借りしたくここで演奏しています」。

孝太郎は「当初、僕たちの技術とかはひどいものだったんですが、普通はクオリティとかで省かれてしまう心の情 報を年配の方たちはそこにとらわれずにすっと拾い上げてくださったんです。そして、その方たちの心にこたえるためにも僕たちはいま演奏技術を上げ、いろいろな人たちが喜んでくださるためにこの活動を続けている次第でございます」と話した。

150618A_3彼らの演奏をいまから約3年 前、リハビリ先で聴いたという読売巨人軍終身名誉監督・長嶋茂雄氏は「彼らを初めて見た時、音楽ということを越えて日本人誰もがもっている魂を感じました。非常に強いインパクトを感じ、また曲を聴いたときも、懐かしくも楽しくもなり、素直に日本人でよかったと思えた時間でした。そんなふうに思えたのは、彼らが本物であると思えたからです。最近、スポーツ以外でこんなに感動したことはありませんでした」と絶賛。

雄次郎は「最初から最後まで聴いてくださり、特に灰田勝彦さんの『きらめく星座』に感動したとおっしゃっていました」と当時のエピソードを明かし、3人とも「機会があったらぜひまた長嶋さんに僕たちの演奏を聴いていただきたい」と話していた。

長嶋茂雄氏のほか続々と各界の著名人よりコメントも到着している。来る10月4日に東京・星陵会館でアルバム発売記念演奏会を開く。


東京大衆歌謡楽団「東京ラプソディ」MV

 

『街角の心』
東京大衆歌謡楽団
150618A_4
2015年6月17日発売
COCP-39168 / 2,700円(税込)

<収録曲>
東京ラプソディ、一杯のコーヒーから、長崎のザボン売り、丘は花ざかり、旅の夜風、誰か故郷を想わざる 等

<LINK>
東京大衆歌謡楽団|日本コロムビア

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館