トップページ ニュース 村下孝蔵 生前最後の歌声と「初恋」初披露音源を収録した17回忌企画CDリリース

ニュース

村下孝蔵

生前最後の歌声と「初恋」初披露音源を収録した17回忌企画CDリリース

CD

1999年に急逝、今年17回忌を迎えた村下孝蔵のCD『きっといつかは』が7月1日にリリースされた。

今回のアルバムは初商品化のライヴテイクを中心に構成、1990年代後半のライヴ音源を厳選して収録している。なかでも現存する村下孝蔵最後の歌声(1999年6月17日録音の七夕コンサートリハーサル音源)を3曲収録したことが注目されるところ。ステージでの最後の音源は2011年発売のCD「この国に生まれてよかった」に一部収録されているものの、今回のリハーサル音源はさらにその4日後のもので、文字通り最後の歌声となる(「心の旅路メドレー」は1999年発売「しのびあるきのたそがれに」に収録)。また、代表曲「初恋」の初披露の音源(シングル発売前の1983年1月21日録音)もボーナストラックとして収録される。いずれも極めて貴重な音源だ。

150709A_2
ブックレットにはプロデューサー須藤晃氏の原稿と、村下孝蔵に深く関わった15名からの「17回忌に寄せて」の寄稿文を掲載。音源、原稿、写真の全てにより、17回忌企画盤としてふさわしい価値あるプロダクツとなった。彼の歌声と作品は今もなお多くの人々に愛されており、“永遠の歌人”をあらためて偲ぶ想いが込められた企画盤となっている。

『きっといつかは』
村下孝蔵
150709A_1

2015年7月1日発売
MHCL-2538 / 2,500円+税
全17曲収録

<LINK>
村下孝蔵オフィシャルホームページ

 

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館