トップページ ニュース 野宮真貴 新作アルバムに村井邦彦、小西康陽が参加

ニュース

野宮真貴

新作アルバムに村井邦彦、小西康陽が参加

CD

元祖渋谷系の女王、野宮真貴が11月にリリースするニュー・アルバム「世界は愛を求めてる。~野宮真貴、渋谷系を歌う。~」。ボーナス・トラックを含む全13曲の収録内容に続いて、新たに4アーティストのコラボレーションが明らかになった。

先ず9月に渋谷Bunkamuraオーチャードホールで「ALFA MUSIC LIVE」と銘打ったイベントを行った作曲家の村井邦彦。70歳を迎えた同氏は作曲家として「翼をください」「美しすぎて」など数多くの名曲を世に送り出 す一方、アルファレコードを設立し荒井由実やYMOなど様々なアーティストを世に送り出した日本の音楽シーンにおける最重要人物のひとりであリ、渋谷系ミュージシャンたちが最もリスペクトする人物である。今作ではロス在住の村井氏が「ALFA MUSIC LIVE」出演のために来日した際、野宮のオファーを受けレコーディングに参加。自身の作品であるトワ・エ・モワの「或る日突然」で野宮とのデュエットが実現した。

151015B_2
続いてカジヒデキ。野宮真貴が元祖渋谷系の女王なら、カジは最後の渋谷系アーティストとも呼ばれているが、近年では自身のアルバムに野宮が参加したり、野宮のライブにカジがゲスト出演したりするなど、“渋谷系”のミュージック・シーンでは二人の共演する機会が数多く見られている。今作では渋谷系の代表曲であるフリッパーズ・ギターの「ラテンでレッツ・ラブまたは1990サマー・ビューティー計画」を野宮とデュエットし、さらにロジャー・ニコルズによる渋谷系のルーツとなる楽曲「LOVE SO FINE」ではコーラス参加している。

3人目のコラボレーションは、ロンドンから。“世界に広がった渋谷系”とも言えるスイング・アウト・シスターのヴォーカリスト、コリーン・ドリューリーだ。野宮真貴との出会いは、2014年。ビルボードライブ東京で行われたスイング・アウト・シスターのライブ後に楽屋で意気投合した。 コリーンはピチカート・ファイヴのことを以前より高く評価していて、野宮が観にきてくれたことをとても喜んでくれたとのこと。今作では二人と渋谷系アーティストに多大な影響を与えたバート・バカラックの作品で、アルバムのタイトル曲となる「WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE」をデュエット。レコーディング自体は9月にそれぞれ東京とロンドンで行われ、ミックスダウンでトラックが完成された。コリーンからは動画コメントも寄せられたので、彼女のユニークでウィットに富んだメッセージにも注目。

そして最後の一人は小西康陽。2001年にピチカート・ファイヴが解散して以来、初めての二人のコラボレーションとなる。今作ではバカラックの名曲「WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE」の日本語訳詞「世界は愛を求めてる」を手掛け、ボーナス・トラックとして収録される。渋谷系のヒット曲とそのルーツとなる名曲をカバーするアル バムのラストを飾るにふさわしい1曲が生まれた。


スウィング・アウト・シスター、コリーン動画コメント

「世界は愛を求めてる。~野宮真貴、渋谷系を歌う。~」
野宮真貴
2015年11月11日発売
151015B_3
【初回生産限定盤】
UICZ-9056 / 3,700円+税
渋谷系アート・ディレクター信藤三雄のデザイン、21世紀の“渋谷系ビジュアル・ブック”つき
仕様:全56Pの特別ブック + CD・信藤三雄の撮り下ろしによるスペシャルフォト満載/野宮真貴と坂口修の対談による楽曲解説~ビジュアル・ブック監修は坂口修に加え、様々なメディア で詳細な音楽解説を執筆している栗本斉を起用。

151015B_4
【通常盤】

UICZ-4336 / 3,000円+税

<収録曲>
M.01 東京は夜の七時(ピチカート・ファイヴ)
M.02 WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE(バート・バカラック)
Duet with コリーン・ドリューリー from “Swing Out Sister”
M.03 LOVE SO FINE(ロジャー・ニコルズ)
M.04 或る日突然(トワ・エ・モア)
Duet with 村井邦彦
M.05 中央フリーウェイ(荒井由実)
M.06 ドリーミング・デイ(ナイアガラ・トライアングル)
M.07 オー・ハニー(スクーターズ)
M.08 ガラスの林檎(松田聖子)
M.09 音楽のような風(EPO)
M.10 ラテンでレッツ・ラブまたは1990サマー・ビューティー計画(フリッパーズ・ギター)
Duet with カジヒデキ
M.11 パリの恋人/トーキョーの恋人( 観月ありさ)
M.12 ぼくらが旅に出る理由(小沢健二)
– Bonus Track –
世界は愛を求めてる[“WHAT THE WORLD NEEDS NOW IS LOVE”日本語ヴァージョン 日本語訳詞:小西康陽]

野宮真貴、渋谷系を歌う−2015−。
〜Miss Maki Nomiya sings Shibuya-kei Standards 2015〜
11月13日(金)ビルボード大阪
11月19日(木)20日(金)ビルボード東京

きものサローネ「きものNight」第二夜Club Night
野宮真貴 きものオシャレライブ
10月9日(金)日本橋 三井ホール.

渋谷ファッションウイーク「SHIBUYA RUNWAY」
10月25日(日)渋谷 文化村通り

<LINK>
オフィシャルサイト:Miss Maki Nomiya
野宮真貴| MAKI NOMIYA – UNIVERSAL MUSIC JAPAN

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館