トップページ ニュース 江戸小町 ヒットメイカー、荒木とよひさ最後の愛弟子、江戸小町がデビュー

ニュース

江戸小町

ヒットメイカー、荒木とよひさ
最後の愛弟子、江戸小町がデビュー

CD

作詞家・荒木とよひさ、最後の愛弟子の江戸小町が11月16日にポニーキャニオンよりデビューする。平成元年生まれの江戸小町はまさに「昭和の心を歌い継ぐ平成の演歌の星」「演歌新世代のアイコン」として期待される新星だ。デビュー作「ほの字のあんた」はそんな彼女が幼い頃から培った演歌の魂(ソウル)で歌い上げるアップ・テンポの平成リズム歌謡。

曲は、中森明菜の「SAND BEIGE-砂漠へ」「TANGONOIR」、田原俊彦「ごめんよ涙」などのヒット曲を手がけた都志見隆。手拍子も入るサビは、わかり易く親しみのあるメロディーで、思わず「ほの字のほ」と口ずさんでしまうノリの良さをもつ。演歌の魂(ソウル)と昭和歌謡の伝統を根っこに持ちながらも、平成育ちの江戸小町の感性にフォーカスを合わせた「演歌の新しいカタチ」がここにあると言える。カップリングの「酒場の案山子(かかし)」は演歌ベースのようでありながらもフォークの匂いも感じられる不思議な曲で、こちらも新鮮なアプローチが印象的な作品。作曲は、藤谷美和子の「愛が生まれた日」、タッキー&翼の「Venus」等で知られる羽場仁志。アレンジは、2曲とも「別れの予感」「香港」等を手がけた荒木とよひさ作品の常連、林有三が担当。和太鼓やマンドリンを効果的に配し、微に入り細に渡る仕事ぶり。キャッチーかつ華やかなアレンジに仕上げている。

【プロフィール】
江戸小町
平成元年6月22日生まれ。本名:小笠原あいみ。
東京都江戸川区出身。血液型: A
まだ物心もつかないうちから演歌に染まり、なんと2歳の時にテレビ東京「ちびっこ歌まね大賞」出演。7歳でTBS「輝く日本の星 第2の美空ひばりを創る」において516人中最終6人に残る。10歳でNHK BS「ジュニアのど自慢」グランプリを受賞。17 歳から8年間はインディーズで活動。シングル5枚とアルバム1枚をリリース。24歳の時に作詞家荒木とよひさと運命の出逢い。その歌声に荒木とよひさは感動し、最後の弟子とする。2016年、荒木とよひさが芸名を「江戸小町」と命名。荒木とよひさプロデュースでポニーキャニオンから2016年11月16日CDシングル発売決定。

【リリース情報】
「ほの字のあんた」(c/w「酒場の案山子(かかし)」
PCCA-70488 11月16日発売
定価¥1,300(本体)+税
<収録楽曲>
「ほの字のあんた」
作詞:荒木とよひさ 作曲:都志見隆 編曲:林有三
c/w
「酒場の案山子(かかし)」
作詞:荒木とよひさ 作曲:羽場仁志 編曲:林有三

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館