トップページ ニュース 純烈 東京国際フォーラムCでコンサート

ニュース

純烈

東京国際フォーラムCでコンサート

コンサート

純烈が11月9日、東京国際フォーラムCにて彼らにとって過去最大1500名会場で昼と夜2回のコンサートを行った。

最新曲「愛でしばりたい」を発売し全国のスーパー銭湯でのステージショーで熟女達を魅了している事から”スーパー銭湯アイドル”とワイドショーやバラエティー番組で呼ばれるようになった。

昼公演でのリハーサルでは、オリジナル曲や各メンバーが歌う邦楽・洋楽カバー曲を披露し、イベント初司会を務める三山ひろしをリーダーに演歌・歌謡曲、J-POPのバラバラなジャンルのアーティストを集めて、桜井くみ子、MAY’S、中澤卓也、メロディー・チューバックが「のど自慢」形式で”純烈”に対抗して”分烈”で歌に挑んだ。

純烈のリーダー酒井は、2年連続で紅白出場している同じレコード会社の三山ひろしに、「僕らが目標としている三山さんは実は紅白出場枠の敵ではないのか」「けん玉の有段者なので毎年大晦日アメリカやカナダで行われている世界選手権に行ってもらって紅白席枠を譲って欲しい!」と言うと、三山は「今年も出たい!」とバッサリと断られた。

9日に発表の12月4日放送「第50回日本有線大賞」の有線奨励賞を受賞することになった今年デビューしたばかりの新人演歌歌手の中澤卓也にジェラシー。先輩として「出る杭は打つ!」と脅して、「僕らも何の賞でもいいので欲しいです!」と懇願して今年10周年残り少ない年末に向けてもうひと頑張りと意気込んだ。

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館