トップページ ニュース 萩本欽一 ドキュメンタリー映画『We Love Television?』ブルーレイ・DVDで5月9日に発売

ニュース

萩本欽一

ドキュメンタリー映画『We Love Television?』ブルーレイ・DVDで5月9日に発売

DVD

1980年代3本のレギュラー番組がどれも視聴率30%を超え、“視聴率100%男”と言われた、日本のコメ萩本欽一の“最初で最後の”ドキュメンタリー映画『We Love Television?』(2017年11月3日公開)が5月9日にブルーレイ・DVD化される事が決まった。

メガホンを取ったのは、萩本を師と仰ぐ、日本テレビで『電波少年』シリーズなど、数々の人気番組を手がけた”Tプロデューサー”こと土屋敏男。萩本のテレビというメディアに対する執念や狂気が、あまりに生々しく映し出されている。もちろん萩本イズムを継承する土屋のテレビへの執念、狂気は言わずもがなで、そんな二人が作り出したドキュメンタリーは、日本の爆笑王の一挙手一投足、全てを映したとてつもなく熱量の高いドキュメンタリーになっている。

始まりは2011年1月。土屋が“専売特許”のアポなしで萩本宅に突撃し、「また視聴率30%を超える番組を作りましょう」と持ち掛けたところからカメラは回り始める。萩本と土屋の新番組作りがスタートし、様々な人を巻き込み進んで行く中で、顔合わせ、打合せ、演出、様々なシーンで萩本が語る言葉は、テレビマンだけではなく、エンターテインメント作りにかかわる全ての人、ひいては懸命に生きている全ての人間にとって、まさに“金言”の数々だ。

この作品の特典映像では萩本と土屋の対談が収録されているが、映画だけではなく、ここでも思わず唸ってしまう“金言”の数々を聞くことができる。それは萩本が「僕は映画を観てないし、このDVDも観る気はないけど(笑)、普通だったらこの映画をどうやって作ったのかを話すのに、さらに新しい事を足そうするこの貪欲なディレクターのおかげで、映画以上の話をしたね」と語っているが、映画を“テレビの教科書”として捉えるならば、その続編ともいうべき、濃い対談になっている。

人の心を動かすのも、物事を動かすのも、全ては一人の人間の“熱狂”から始まる――そう改めて教えてくれるのが『We Love Television?』だ。

【商品情報】
「We Love Television?」
5月9日(水)発売 DVDレンタル同日開始
<DVD>
2枚組 PCBP.53726 ¥4,000+税
<Blu-ray>
2枚組 PCXP.50568 ¥5,000+税
※<Blu-ray>封入の特典DiscはDVDとなります。
発売元・販売元:ポニーキャニオン

ともに収録時間:本編110分+特典映像130分以上
ともに特典映像(予定):
スペシャル対談 土屋敏男×萩本欽一(約70分)
土屋敏夫×萩本欽一×高須光聖 3人トークロングバージョン(約60分)
劇場映画予告編 ■特報 ■劇場公開直前に放送された宣伝番組

(C)2017日本テレビ放送網

 

添付はブルーレイジャケット写真、メインビジュアル、サブ1、サブ2、サブ5(土屋プロデューサー)となります。以外の場面写真素材の用意もございます。以下よりダウンロードのうえご使用ください
http://xfs.jp/QuwYNa パスワード:pony

※場面写真はメイン、サブ1、サブ2~の順で優先的にご使用ください
※素材使用時は以下クレジットを必ずご表記ください
(C)2017日本テレビ放送網

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館