トップページ ニュース 島崎和歌子 走れ!歌謡曲』 50周年記念、第2弾「1DAYスペシャルパーソナリティ」に

ニュース

島崎和歌子

走れ!歌謡曲』 50周年記念、第2弾「1DAYスペシャルパーソナリティ」に

ラジオ

放送50周年記念企画の一環で、「1DAYスペシャルパーソナリティ」企画を実施中の『走れ!歌謡曲』(文化放送)。このたびこの第2弾として、2月27日(火曜午前3時~)に、タレントの島崎和歌子さんをパーソナリティに迎えて放送することを決定した。

文化放送の最長寿ワイド番組『走れ!歌謡曲』(毎週火~土曜 午前3時00分~5時00分)は、1968年11月19日放送を開始し、1980年に川中美幸さんがパーソナリティを務めたことを皮切りに、坂本冬美さん、香西かおりさんなどの錚々たる顔ぶれの演歌歌手がパーソナリティを務め、長年、夜間ドライバーに愛されてきた。

そして50年目に突入した昨年11月からは「50周年イヤー」として、ウェブサイトやロゴのリニューアルや「プロドライバー応援キャンペーン」など、様々な記念企画を行っている。今回の「1DAYスペシャルパーソナリティ」企画もこの50周年記念企画の一環で、これを機に、さらに多くの方に番組を知り、聴いてもらいたいという思いから、幅広い層に好感度の高いタレントである島崎和歌子さんを起用することになった。

このたび行われた収録では冒頭、「おかげさまで今年でデビューして30年目です。あっという間の30年なんですけれど、こうして『走れ!歌謡曲』50周年の一環としてお仕事をさせていただけるというのは本当にありがたいですね」と島崎さんが自身のこれまでの歩みを振り返りつつ、「小学校の頃に好きだったのがチェッカーズさん。(中略)一度、ごはん屋さんで藤井フミヤさんにバッタリお会いしたことがあるんですけど、ああいうときって人間って頭が真っ白になるんですね。何にも覚えんてないんですよ(笑)。またフミヤさんと会えるように仕事がんばらなきゃなって思いますね」と、大ファンであったチェッカーズについての思い出を披露。番組はこのほかにも、それぞれの時代を彩った名曲やスターなどについてたっぷりと語る2時間となっている。

1日だけのスペシャルパーソナリティ企画は、過去には、1982年に、伝説の歌手・美空ひばりが、本人たっての希望で挑戦したことがあり、また40周年の2007年11月にも5人のアーティストが日替わりでパーソナリティを務めた。今回の50周年記念企画の「1DAYスペシャルパーソナリティ」第1弾は1月31日に磯山さやかパーソナリティを務めている。当企画は、今年11月まで定期的に実施する予定。

【番組概要】
『日野ミッドナイトグラフィティ  走れ!歌謡曲』
火曜~土曜 午前3時00分~5時00分
(月曜~金曜 27時00分~29時00分)
レギュラーパーソナリティ:
(火)山田真以(水)室照美(木)佐藤千晶(金)遠海まりこ(土)小林奈々絵

※島崎和歌子出演日時:
2月27日(火)午前3時00分~5時00分(2月26日(月)27時~29時)

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館