トップページ ニュース 坂本冬美 新アルバム12月5日発売。猪俣公章生誕80周年記念「ENKAⅢ〜偲歌〜」

ニュース

坂本冬美

新アルバム12月5日発売。猪俣公章生誕80周年記念「ENKAⅢ〜偲歌〜」

CD

坂本冬美のニューアルバム「ENKAⅢ ~偲歌~」が12月5日に発売される。これは坂本冬美が演歌の名曲をカバーするENKAシリーズ第三弾で、今回は今年生誕80周年となる恩師・猪俣公章の作品から10曲をセレクトして、現代版にリニューアルしたカバーアルバムとなった。

坂本冬美が、これまで影響を受けた演歌の名曲のかっこ良さを追及し、現代版にリニューアルしたアレンジでカバーして、演歌の魅力を幅広い世代にアピールしヒットを重ねてきた「ENKA」シリーズ。今作は趣向を変えて、坂本冬美の恩師である猪俣公章の生誕80周年を記念して猪俣公章作品を集めてレコーディング。収録曲は「港町ブルース」「ふたりの旅路」「女のブルース」「空港」「君こそわが命」「噂の女」「望郷」など。

さらに、坂本冬美自身がリリースした楽曲のセルフカバーとして「火の国の女」を収録。プラス、海原千里万里が歌った「大阪ラプソディー」を唯一の内弟子仲間のマルシアとのデュエットが実現。まさに、猪俣公章作品の世界を坂本冬美が唄う、すばらしい「師弟」作品の誕生となった。

<坂本冬美の感想>
「マルシアさんがデビューして30年、やっと猪俣門下の姉妹弟子のデュエットが実現しました。私たち二人の恩師、猪俣公章先生の大ヒット曲「大阪ラプソディー」ですので、きっと天国の先生も喜んで下さっていると思います」

<マルシアの感想>
「この度、冬美さんからお声をかけて下さり、恩師・猪俣公章先生の曲「大阪ラプソディー」を初めて姉妹弟子二人のデュエットで歌えたことは、私にとって一生の宝物となりました。レコーディング当日、ブースの中で二人向き合いながら歌声を重ねていると、とても心地よいゆりかごに揺られているような感覚になり、まるで仲の良い本当の姉妹のような気分で歌うことができました。来年2月に開催させて頂く私の30周年ライブにも冬美さんはゲストでいらして頂けますが、是非そのステージで一緒に「大阪ラプソディー」を歌って、天国の猪俣先生にも、二人の歌声を届けられたらいいなぁと思っています」

【商品情報】
「猪俣公章生誕80周年記念ENKAⅢ~偲歌(さいか)~」
12月5日発売
UPCY-7552 \3,300 (税込)

<収録楽曲>
1. 港町ブルース
2. 女のブルース
3. ふたりの旅路
4. 大阪ラプソディー duet with マルシア
5. 空港
6. ふりむけばヨコハマ
7. 噂の女
8. 望郷
9. 火の国の女
10. 君こそわが命

オフィシャルサイト
http://fuyumi-fc.com/

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館