トップページ ニュース 美空ひばり 美空ひばり音楽祭をハワイで開催!ハワイ日系移民150周年記念公演

ニュース

美空ひばり

美空ひばり音楽祭をハワイで開催!ハワイ日系移民150周年記念公演

イベント

11月25日、ハワイのホノルルにあるニール・ブレイズデル・コンサートホールにて「ハワイ日系移民150周年記念 美空ひばり 音楽祭in
ハワイ」が行われた。美空ひばりのフィルムコンサートとともに、日本から細川たかし、市川由紀乃、クリスタル・ケイが出演し、「ひばり歌」を歌い継ぐ公演を開催した。

今年、2018年はハワイの日系移民たちにとって節目の年。1868年に最初の日系移民がハワイに入って以来、今年はハワイ日系移民150周年に当たっている。終戦後、ハワイの日系移民が日本への郷愁を携える中、1950年に12歳の美空ひばりがハワイを訪れ、ハワイ公演を行った。
美空ひばりは前年、映画「悲しき口笛」に主演し、主題歌をヒットさせたばかりで、そんな“天才少女”の呼び声は、この時すでにハワイまで届いていたという。

日系移民150年の節目にあたる今年、ハワイの日系移民にも親しまれた美空ひばりのフィルムコンサートを中心とした音楽祭を開催することになった。今回の試みは2007年に「第28回まつりインハワイ」に合わせた形で開催された美空ひばりフィルムコンサート以来、11年ぶりの開催。日本人アーティストの名前を冠したイベントはハワイでは初めての開催となる。開催に先だって行われた記者会見で、ひばりプロダクションの加藤和也代表取締役社長は「このたび、日系移民150周年という節目の年に母・美空ひばりが生涯愛しましたこのオアフでこのようなイベントを開催させていただくことになり、我々、感謝しています。ハワイは幼少のころから何度も連れてきてもらいましたが、日本ではなかなか母と接する機会もなかったので、このハワイが一番、母との思い出のある場所でございます。今日は日本からも素敵なアーティストがこのイベントにご賛同いただきました。日本の素晴らしい歌を日系の皆様と一緒に楽しんでいただければと思います」と語った。

また、出演者であるクリスタル・ケイは「今回、このような素敵なイベントに参加させてもらうことはとても嬉しく思いますし、光栄に思います。美空ひばりさんは本当にレジェンド。今日は楽しんで歌いたいと思います」。市川由紀乃も「今日はこの素晴らしいイベントにお招きをいただきまして、たくさんの皆様に歌を聴いていただけること、喜びを噛み締めています。そして今日、実際に締めている帯とかんざしは、昨年、紅白歌合戦でひばりさんの「人生一路」を歌わせていただきまして、その際に、和也社長から生前ひばりさんが身に着けていらっしゃった大事な品を頂戴しました。今日はその大事な私の宝物の帯とかんざしをつけて、皆様に歌を聴いていただけるという、歌手冥利に尽きる一日を過ごさせていただく喜びを感じています。精一杯歌わせていただきます。」と語った。

そして、細川たかしは「私もこのホノルルで40年近く前に一度、ハワイの方々に歌を聴いていただいて、それ以来でございます。大先輩のひばりさん、デビュー当時から同じレコード会社ということもあり、とても可愛がってもらいました。誕生会には必ず、自宅に呼ばれまして、庭でたくさんの方の前でアカペラでデビュー曲の「心のこり」を歌った記憶があります。なくなられたときも東京にいまして、自宅にお伺いさせていただきました。今日はひばりさんが何回もお越しになったハワイで新たに歌えるというのは嬉しく思います。ひばりさんの素晴らしいビデオなども流れますので楽しんでいただけると思います。」と語った。

今回の公演のために制作された、日本の歌手たちの歌唱映像と美空ひばりさんの歌唱映像によるフィルムコンサートでスタートし、加藤社長が「本日は皆様にとって特別で大切な移民150周年という節目の年に、このような音楽のイベントをさせていただくことを、大変光栄に思っております。御礼申し上げます。ありがとうございます。母は歌というものは国境や思想を越えて皆様の心に届く唯一の文化だという信念で歌っておりました。私の歌はファンの皆さんがいて、私の歌を愛してくれる方々がいての歌手であるとも言っておりました。そして何度もハワイに越させていただき、生涯大好きな場所になったようです。私も何度も連れてきてもらった、私にとっても大切な場所です。母のこの愛したハワイでこのような形で呼んでいただき感謝するとともに、今日は「美空ひばり」という看板でこのようにさせていただいていますが、日本から素晴らしい日本を代表する歌手のお三方にもご賛同いただきましてお越しいただきました。そして今夜、楽しい日本の音楽を皆様とともにこの場で分かち合わせていただくことも感謝を申し上げまし私のご挨拶に代ええさせていただきます。本当にありがとうございました。」と挨拶した。

主に日系人を中心とした約1800名のハワイの観客はオープニングの映像から拍手喝采。20分の休憩を挟んだあとは第2部のライブステージとなり、ハワイのハワイアン歌手メルヴィン・リードが「川の流れのように」を歌ってステージをスタートした。続けて、それぞれがひばりさんの映像とともに、クリスタル・ケイが「A列車で行こう」や「歌は我が命」を、市川由紀乃が「みだれ髪」や「人生一路」、細川たかしが「ひばりの佐渡情話」や「柔」を歌唱。最後には美空ひばりの歌唱の歌声と合わせて、「愛燦燦」を3名がコラボして歌唱し、スタンディングオベーションも湧き上がるほど、大きな盛り上がりを見せた。

<セットリスト>
第1部:
フィルムコンサート1「ひばりとHawaii」
フィルムコンサート2「歌謡界を彩ったひばりの仲間」
フィルムコンサート3「歌声はひばりと共に in Hawaii」

第2部
M1 川の流れのように(メルビン・リード)
M2 Wind Beneath My Wings(クリスタル・ケイ)
M3 A列車で行こう(クリスタル・ケイ)
M4 Lover come back to me(クリスタル・ケイ)
M5 歌は我が命(クリスタル・ケイ)
M6 別れの磯千鳥(市川由紀乃)
M7 みだれ髪(市川由紀乃)
M8 人生一路(市川由紀乃)
M9 心かさねて(市川由紀乃)
M10 ひばりの佐渡情話(細川たかし)
M11 柔(細川たかし)
M12 北酒場(細川たかし)
M13 矢切の渡し(細川たかし)
M14 望郷じょんから(細川たかし)
M15 愛燦燦(細川たかし、市川由紀乃、クリスタル・ケイ)

Photo by ALOHA INT’L

http://columbia.jp/artist-info/hibari/

 

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館