トップページ ニュース 氷川きよし クリスマスライブ開催、来年7月に日本武道館公演が決定

ニュース

氷川きよし

クリスマスライブ開催、来年7月に日本武道館公演が決定

コンサート

氷川きよしが12月14日、東京国際フォーラム・ホールAで「氷川きよしスペシャルコンサート2018~きよしこの夜Vol.18~」と銘打ったクリスマスライブを開催した。毎年、1年を締めくくるクリスマスライブとして行ってきたスペシャルステージで、今年で18回目。東京国際フォーラムでは17回目を数え、12月13日と12月14日の2日間で全4公演を行い、2万人を動員。

5000席の大ホールは、デビュー当時からの熱烈なファンらで満席の中、ペガサスをかたどったリフターに乗り、大きな白い羽根がついた大天使のコスチュームに身を包んだ氷川が登場。最新アルバム「新・演歌名曲コレクション8」から「冬のペガサス」でオープニングの幕を開け、「勝負の花道」のカップリング曲とジャケット写真が異なるG、H、Iの3タイプから共通のカップリング曲「聖夜の奇跡」「ゲゲゲの鬼太郎」などを披露してから「今日は、お忙しい中、平日の金曜日の貴重なお時間をいただきまして、お寒い中、お越しいただきまして、お一人おひとりのお客さまに心から感謝の気持ちでいっぱいです。皆さんのお陰でこのスペシャルコンサートも18回目になります。18年前も2日間で4公演をやらせていただき、緊張し過ぎて高熱が出たのを覚えています。でも、こうやって健康でこの時間を過ごせることが有り難いです。このコンサートを機に、ますます皆さんに健康で幸せであっていただけるように心を込めて歌わせていただきたいと思います」と挨拶。

続いて、昭和の名曲カバーから五輪真弓の「恋人よ」、シャンソンの名曲「愛の讃歌」、初期のオリジナルヒット曲から「大井追っかけ音次郎」「箱根八里の半次郎」、前作シングル「男の絶唱」、新曲「勝負の花道」、アンコールで「きよしのズンドコ節」など全30曲を熱唱。演歌からポップス、カバー曲まで幅広いジャンルの楽曲と演出で最後まで満員の客席を心ゆくまで楽しませていた。

その中で、20周年の2019年7月11日と12日の2日間、日本武道館でコンサートの開催を発表。「20周年の来年は、歌手としてさらに飛躍できるよう頑張りたい」と目を輝かせていた。公演終了後、氷川は「40歳を過ぎてから一日があっという間に過ぎていきますが、それも仕事が充実しているからでして、感謝しながら一日一日を過ごさせて
いただいています。これからも一瞬、一瞬を大切に過ごしていきたいと思いますし、コンサートで同じ時間を共有させていただいているのは、お客さまの命を預かっているという気持ちですし、1曲1曲、メッセージ性を込めて歌っていけるアーティストになりたい」と話した。

【リリース情報】
「勝負の花道」
Gタイプ Hタイプ Iタイプ
11月27日発売
Gタイプ Good Night盤
CD:COCA-17552 MT:COSA-2381 ¥1,204+税
Hタイプ Holy Night盤
CD:COCA-17553 MT:COSA-2382 ¥1,204+税
Iタイプ I Wish盤
CD:COCA-17554 MT:COSA-2383 ¥1,204+税

日本コロムビア「氷川きよし」サイト
http://columbia.jp/hikawa/

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館