トップページ ニュース 松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba開始、テーマは“大人の妄想” “バーチャルワールドな夢の世界”

ニュース

松任谷由実

SURF&SNOW in Naeba開始、テーマは“大人の妄想” “バーチャルワールドな夢の世界”

コンサート

松任谷由実、冬恒例のリゾートライブ『SURF&SNOW in Naeba Vol.39』が、2月4日、新潟・苗場プリンスホテルにてスタートした。

テーマは、“大人の妄想” “バーチャルワールドな夢の世界”。昨年9月よりスタートした全国アリーナツアー「タイムマシーンツアー」では、これまでのコンサートのベスト版ともいうべき内容で、アリーナならではのセンターステージに大掛かりな演出がなされているが、全く環境の異なるこの苗場では、プレミアムなステージが毎回行われている。

今回のショーの演奏は、バンドにストリングスを加えた編成で、ステージセットはシュールレアリズムのトロンプ・ルイユ(騙し絵、トリックアート)で非現実的な世界が表現され、多数のユーミンの楽曲の中からテーマに沿った選曲で、大人の夢の世界が繰り広げられている。注目の衣装のほうも、ゴールドのラメをあしらったベルベット素材のブラックのコートドレス、真紅のワンショルダーのドレス、マニッシュなスーツと、洗練された大人の女性のスタイルを披露。

セットリストの中には、自身のオリジナル作品の他に、作詞を手掛けた「雨音はショパンの調べ」(小林麻美)や荒井由実時代に楽曲提供をした「いちご白書をもう一度」(バンバン)のセルフカバーも演奏。恒例の苗場名物リクエストコーナーはもちろんのこと、「翳りゆく部屋」「リフレインが叫んでる」「最後の嘘」「BLIZZARD」等の代表曲も織り交ぜ、リクエストコーナー、アンコールを含め全24曲、約2時間半のステージを行った。公演は2月4日から2月18日まで全8公演、10,800人の動員を予定。

そして、ベストアルバムを受けて9月よりスタートしている「タイムマシーンツアー」の追加公演7本が決定した。チケットは軒並み全会場ソールドアウト。その状況を受け、ユーミンの”初めての人にぜひ観てほしい”という思いから、5月10日と11日に長野ビッグハット、5月15日と16日に日本武道館の4本の追加公演を行う。当初、平成最後のツアーとなる予定だったが、新たな年号をまたにかけ、ユーミンの名曲、コンサートの名場面が、ファイナル日本武道館2DAYSまで繰り広げられてゆく。公演数は全40公演、総動員数は約40万人を予定。

また、昨年大晦日の「NHK紅白歌合戦」でも披露した「やさしさに包まれたなら」が、「アサヒ 十六茶」新TVCM 「十六茶家族」編に起用。CMのオンエアは2月5日よりスタート。

【公演情報】
松任谷由実 SURF&SNOW in Naeba Vol.39
苗場プリンスホテル ブリザーディウム
開場20:30/開演21:00
公演日: 8日(金) 9日(土) 12日(火) 13日(水) 16日(土) 18日(金)
http://yuming.co.jp/

【追加公演情報】
Ghana presents
松任谷由実TIME MACHINE TOUR Traveling through 45years
5月10日(金) 長野ビッグハット
5月11日(土) 長野ビッグハット
5月15日(水) 日本武道館
5月16日(木) 日本武道館

「アサヒ 十六茶」CM 「十六茶家族」編
https://youtu.be/ifIaQYfsPkY

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館