トップページ ニュース 草野浩二、酒井政利 「音楽のDNA — ヒットソングにビジネスを学ぶ」が開催。

ニュース

草野浩二、酒井政利

「音楽のDNA — ヒットソングにビジネスを学ぶ」が開催。

イベント

5月11日、東京・新宿のスポットライトで「音楽のDNA — ヒットソングにビジネスを学ぶ」が開催された。

このイベントは、濱口英樹著による書籍『ヒットソングを創った男たち~歌謡曲黄金時代の仕掛人』(シンコーミュージック刊)の出版を記念して企画されたもので、同書で紹介されていた、伝説のヒットメーカーの草野浩二氏と酒井政利氏が登壇。モデレーターを務めた濱口氏のナビゲートによって、昭和歌謡のヒットにまつわる貴重なエピソードが披露された。

「音楽のDNA — ヒットソングにビジネスを学ぶ」というタイトルからうかがえるように、テーマは「時代を動かしたヒットソングは、どのようなヴィジョンのもと、どのようにつくられていたのか」。語られる内容もトークショーというよりもセミナーに近い密度の濃いもので、会場に駆け付けた熱心な歌謡曲ファンは真剣に3人のトークセッションに耳を傾けていた。

イベントは草野氏のプロフィールや、同氏が影響を受けた作品の紹介からスタート。続いて「上を向いて歩こう」(坂本九)、「じんじろげ」(森山加代子)、「遠くへ行きたい」(ジェリー藤尾)、「ヴァケーション」(弘田三枝子)、「恋の奴隷」(奥村チヨ)、「ドリフのズンドコ節」(ザ・ドリフターズ)、「京都の恋」(渚ゆう子)、「雨の御堂筋」(欧陽菲菲)、「太陽の彼方」(ゴールデン・ハーフ)、「涙の太陽」(安西マリア)など、草野氏が手がけたヒット曲を聴きながら、制作にまつわるエピソードが披露され、作品の革新性やその時代背景について3者のトークが展開された。

続く酒井氏のパートでは、やはりプロフィールや影響を受けた作品が紹介されたあと、「愛と死をみつめて」(青山和子)、「時に母のない子のように」(カルメン・マキ)、「17才」(南沙織)、「よろしく哀愁」(郷ひろみ)、「ひと夏の経験」(山口百恵)、「雨がやんだら」(朝丘雪路)、「微笑がえし」(キャンディーズ)、「時間よ止まれ」(矢沢永吉)、「魅せられて」(ジュディ・オング)、「異邦人」(久保田早紀)など、同氏プロデュースのヒット曲が流れ、制作に至った動機や作品に対する想いなどが披露された。

「声の良さに惚れてプロデュースする」という草野氏に対して、酒井氏は「言葉を大切にする人に惹かれ、その素材をどう演出したら輝くのかを考える」とコメントするなど、伝説のヒットメーカーの金言の数々に時間はあっという間に過ぎていった。イベント後半は参加者との質疑応答が行われたあと、二人が「次世代に残したい曲」として挙げた坂本九「見上げてごらん夜の星を」(草野氏)、山口百恵「いい日旅立ち」(酒井氏)が流れ、第一回のイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。

写真提供:シンコーミュージック・エンタテイメント

【書籍情報】
「ヒットソングを創った男たち~歌謡曲黄金時代の仕掛人」
濱口英樹・著
シンコーミュージック・エンタテイメント
¥ 2,200+税

<イベント主催者>
Re:minder – リマインダー
80年代の音楽エンタメに特化したオリジナルコラムを毎日配信中!
https://reminder.top
スポットライト
70年代~80年代のヒットソングを通じて、世代を超えたコミュニケーションの輪が広がるミュージックバー。東京(新橋、新宿)と福岡(天神)で店舗展開中。
http://www.spot-light.jp

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館