トップページ ニュース クレイジーケンバンド 恒例のライブハウスツアーファイナル大成功

ニュース

クレイジーケンバンド

恒例のライブハウスツアーファイナル大成功

コンサート

6月20日のマイナビBLITZ赤坂からスタートし、東名阪5箇所を回ったクレイジーケンバンドのライブハウスツアー「ハワイの夜 2019」が6月30日、地元横浜でファイナルを迎えた。

ソールドアウト満員となったYokohama Bay Hall公演は、メンバー全員アロハシャツを纏いトロピカル感満点の中でスタート。今年はCKBの2ndアルバム「goldfish bowl」発売20周年ということで、アルバムの曲順と同じく「金魚鉢」「昼下がり」からスタートし、のっけからオーディエンスはCKBワールドへ導かれた。5曲目には「goldfish bowl」からツアータイトルにもなっている「ハワイの夜」を披露。ハワイと言えば、来年7月クレイジーケンバンドは毎年淡路島と箱根で行われるイベント“ヨコワケハンサムワールド”をハワイ・ホノルルで開催することが決定している。
そのハワイヨコワケハンサムワールドを今から楽しむようなムーディな会場の雰囲気となった。

会場が温まったところで、8月7日にリリースが決定したニューアルバム「PACIFIC」から3曲を披露。ボーカルの横山剣は「生演奏で新曲をやるのは慣れないから、こういうのは早めにやって早めに片づけていつもの調子に戻します。こっからの3曲はかなりの初心者マーク」と、曲解説を含め実演した。新曲を耳に焼きつけようとするオーディエンスは次第にノリノリとなり、ニューアルバムへの期待感が高まるように感じた。

コンサート中盤から後半にかけても夏らしいナンバーを連発し、「HONOLULU BBQ」ではさらにハワイムードが爆発。お客さんから直接リクエスト曲をもらい、その場で演奏する定番の“リクエストコーナー”や、こちらもお馴染みの“ハマのギター大魔神小野瀬雅生ショウ”のコーナーを経て「Shock HAWAIIAN Shock」「GOING TO A GO-GO」などアップテンポなナンバーで会場は一気にヒートアップ。ラストは2002年のスマッシュ・ヒット「GT」で最高潮を迎えた。

クレイジーケンバンドは、8月7日にニューアルバム「PACIFIC」を発売し、8月末から全25公演を行う全国ホールツアーが予定されている。

Photo:本多亨光

<セットリスト>
01.金魚鉢
02.昼下がり
03.ウォーカーヒルズ・ブーガルー
04.インターナショナル・プレイガール
05.の夜
06.風洞実験 (新曲)
07.GET (新曲)
08.KARAOKE International (新曲)
09.パナールの島
10.タオル
11.MPC〜HONOLULU BBQ
12.リクエスト#1 タツノオトシゴ
13.リクエスト#2 暴動
14.〜小野瀬雅生ショウ〜フジヤマ・キャラバン
15.Where is the love (Ayesha&Tetsuni)
16.HAWAIIAN Shock
17.GOING TO A GO-GO
18.昼顔
19.ベレット1600GT
20.GT
アンコール
21.SEX WAX
22.スポルトマティック
23.Miracles〜空っぽの街角〜Punch!Punch!Punch!

【アルバム情報】
「PACIFIC」
8月7日発売
通常版
UMCK-1633 CDのみ ¥3,000(+税)
初回限定盤
UMCK-7023 CD+DVD ¥3,800(+税)
CKB友の会限定盤
PDCS-1910 3CD+1DVD ¥16,000(+税)

【ツアー情報】
CRAZY KEN BAND TOUR PACIFIC 2019
Presented by NISHIHARA SHOKAI

https://finn-asp.jp/user.cgi?actmode=AblogArticleList&blogid=168

公式サイト
http://www.crazykenband.com/

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館