トップページ ニュース 石川優子 29年ぶりのメディア取材、雑誌「昭和40年男」でChageとの対談が実現

ニュース

石川優子

29年ぶりのメディア取材、雑誌「昭和40年男」でChageとの対談が実現

雑誌

「クリスタル モーニング」や「シンデレラ サマー」などのヒット曲で知られるシンガー・ソングライターの石川優子が、この度、29年ぶりにメディア取材に応じ、7月11日発売の雑誌「昭和40年男」(クレタパブリッシング)でChageとの対談が掲載された。

石川優子は1990年に歌手活動を引退して以降、一切メディアでの露出はなかったが、2016年にライブイベント「僕らのポプコンエイジ」でステージ復帰、今年の同イベントでも84年の大ヒットであり、夏のデュエット曲の定番「ふたりの愛ランド」をChageとのデュエットで聞かせていた。

この度、雑誌「昭和40年男」における「消えた…俺たちの夏」特集で、その両者の対談が実現し、「この曲には普遍的な魅力があって、いつも新鮮な気持ちで歌える」(石川)ほか、「ふたりの愛ランド」についての誕生秘話から、当時のテレビ出演時やコンサートでのエピソード、そして現在、再び一緒に歌うことになった時の感動などを語っている。

【情報】
「昭和40年男」
8月号 7月11日発売
https://www.crete.co.jp/s40otoko/

次の記事へ

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館