トップページ ニュース タブレット純 博品館劇場でリサイタル開催。マヒナスターズの名曲や新曲披露

ニュース

タブレット純

博品館劇場でリサイタル開催。マヒナスターズの名曲や新曲披露

コンサート

タブレット純が11月4日、東京・銀座の博品館劇場でリサイタルを開いた。

歌手としては、2017年にコロムビアレコード移籍第1弾シングル「夜のペルシャ猫」を発売し、2018年からリサイタルをスタート。今回のリサイタルは、普段は各自のバンド等で活動しているミュージシャンたちがタブレットのために集結。第1部はピアノとバイオリンでしっとりと、第2部はバンドで華やかにをコンセプトにステージを構成した。

約380席の会場は、熱烈なファンで満席の中、中世フランス時代の貴婦人をほうふつさせるコスチュームで登場。第1部は、ピアノとバイオリンをバックに「エーデルワイス」を歌った後、「『エーデルワイス』の花言葉が、大切な想い出、そして高潔なる勇気でして、皆さんのせっかくのお休みの日にこのライブに来てくださるには勇気が必要だったと思うのですが、今日は大切な想い出になるような会にできたらと思っております」。そして、「今日はカラーコンタクトも付けて青い瞳になり、衣装はフランス貴族をイメージしています。シャンソンも好きでして、マヒナスターズに入る前はシャンソンを習っていて、戸川昌子先生のお店『青い部屋』には毎週通っていました。1部は、シャンソン的な装いで歌を聴いていただきたい」とあいさつし、「時計」「シェルブールの雨傘」「誰もいない海」などを披露した。

続く第2部は「(1部の衣装の)サイズが合わなくてずっと苦しいステージでしたが(笑)、やっと楽に歌えます。最近は戦前の歌謡曲にはまっていまして、いまマイブームが東海林太郎さんです」と近況を語り、ギタレレの弾き語りで「旅の夜風」など懐メロを歌ってからこのリサイタルのために結成した「ベルサイユ宮殿」(ギター、クラリネット、アコーディオン、パーカッション)を紹介。ムード歌謡の名曲から「たそがれの銀座」をはじめ、「コモエスタ赤坂」「長崎は今日も雨だった」、それに来春発売予定の新曲「東京パラダイス」(詩・高畠じゅん子、曲・中川博之)、「鎌倉哀愁クラブ」(詩・高畠じゅん子、曲・タブレット純)=この2曲は初披露=などを熱唱した。

また、マヒナスターズの名曲「誰よりも君を愛す」「泣きぼくろ」も披露するなど、バラエティーに富んだ全25曲のプログラムで最後まで満員の客席を楽しませた。

【公演概要】
「タブレット純リサイタル2019」
11月4日(月・祝)
開場16:30 開演17:00
博品館劇場
<セットリスト>
第一部
【ピアノ、バイオリンの方とタブレット純】
1.エーデルワイス
2.時計をとめて
3.シェルブールの雨傘
4.オーシャンゼリゼ
5.愛のアンジェラス
6.ピアノ演奏 小さな木の実
7.誰もいない海
8.おしぼりをまるめたら
9.16トン
10.二人でお酒を

第二部
【東京ベルサイユ宮殿(ギター、クラリネット、アコーディオン、パーカッション)とタブレット純】
1.タブレット純ギター弾き語り(懐メロメドレー)
2.たそがれの銀座
3.コモエスタ赤坂
4.長崎は今日も雨だった
5.誰よりも君を愛す
6.よこはまたそがれ
7.泣きぼくろ
8.東京パラダイス
9.サヨナラ大阪
10.鎌倉哀愁クラブ
11.銀座あそび
12.家へおいでよ
13.泣かないで
14.グッドナイトベイビー
〜アンコール〜
15.夜をまきもどせ

公式サイト
https://columbia.jp/artist-info/tabletjun/

次の記事へ

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館