トップページ ラジオ 歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 第11回放送 特集:男と女の二重唱

第11回放送 特集:男と女の二重唱

第11回放送 特集:男と女の二重唱

<2016.11.20 OA>

オーガナイザー:濱口英樹(歌謡曲愛好家) 

《第11回 男と女の二重唱》

年末のカラオケシーズンを控えて、忘年会などで歌う機会が多くなる《男女のデュエットソング》を特集しました。きっかけはオーガナイザー・濱口が関わっているカルチャー誌『昭和40年男』。その最新号(2016年12月号)では“俺たちの歌謡曲70’s”と題し、巻頭60ページにわたって、1970年代の歌謡曲を特集しているのですが、企画監修を手がけた濱口は、かつてはポップス系の男女デュエット曲が多数ヒットしていたことに気づき、『午前0時の歌謡祭』でも取り上げようと思ったわけです。
番組では、前身番組『愛してモナラジオ』でパーソナリティを務めていた、演歌系シンガー・モナオさんがマシューさんと組んで歌う「たぶん新宿」をはじめ、60年代から90年代を彩った男女デュエット曲の数々をご紹介しました。


01_冬が来る前に01.「冬が来る前に」紙ふうせん(1977)
作詞:後藤悦次郎 作曲:浦野 直 編曲:梅垣達志
フォークグループ“赤い鳥”のメンバーだった後藤悦次郎と平山泰代が74年に結成した夫婦デュオの7thシングル。関西を拠点に活動していた彼らは、コンサートでの反響がよかったことから本作をシングル化し、オリコン4位の大ヒットとなりました。作詞は後藤自身、作曲はバックバンドでベースを担当していた浦野 直で、冬が来る前に別れを迎えた女性の切ない気持ちをフォルクローレ調のサウンドに乗せた、この季節にぴったりのナンバーです。

02_結婚するって本当ですかBGM.「結婚するって本当ですか」ダ・カーポ(1974)
作詞:久保田ひろ子 作曲:榊原政敏 編曲:木田高介、石川鷹彦
73年にデビューしたフォークデュオの4thシングルで、オリコン8位のヒットを記録。久保田の高校時代の親友から届いた「結婚します」という手紙に着想を得て制作された作品です。アレンジは元・ジャックスの木田高介と、元・六文銭の石川鷹彦で、誰でも口ずさめる親しみやすい曲に仕上がっています。久保田と榊原は80年に結婚。その後も活動を続け、フォークのみならず、アニソンや童謡など様々なジャンルの作品を手がけ、幅広い人気を獲得しています。

03_真夜中のボサ・ノバ02. 「真夜中のボサ・ノバ」ヒデとロザンナ(1969)
作詞:橋本 淳 作曲・編曲:筒美京平
ボサノヴァ系デュオ“ユキ(のちのアン真理子)とヒデ”としての活動を経て、出門 英が68年にイタリア出身のロザンナと結成した“ヒデロザ”はデビュー曲「愛の奇跡」が大ヒット。本作は3rdシングル「ローマの奇跡」のB面に収録されていた曲ですが、2011年に由紀さおりがピンク・マルティーニとコラボしたアルバム『1969』でカバーしたことで、広く知られるようになりました。なお、ヒデロザの2人は75年に結婚。その後は出門ががんで急逝する90年まで夫婦デュオとして活動しました。

04_恋の風車03.「恋の風車」チェリッシュ(1974)
作詞:千家和也 作曲・編曲:佐瀬壽一
全国フォーク音楽祭を経て、71年にデビューしたチェリッシュは当初5人グループでしたが、72年に松崎好孝と松井悦子のデュオ編成になりました。9枚目のシングルにあたる本作は、それまでの素朴なフォーク調から一転、軽快なポップス路線にシフトし、オリコン3位の大ヒットを記録。歴代最多の6作をTOP10に送り込み、紅白にも3回出場した彼らは77年に結婚。現在もおしどり夫婦として、息の長い活動を展開しています。

05_愛の挽歌BGM.「愛の挽歌」つなき&みどり(1972)
作詞:橋本 淳 作曲・編曲:筒美京平
ジャッキー吉川とブルー・コメッツで活躍した三原綱木と、少女歌手として「パイナップル・プリンセス」等をヒットさせた田代みどりは70年に結婚。本作は2人が結成した夫婦デュオのデビューシングルで、オリコン15位のヒットになりました。ユニット名も、曲名も、一見、演歌っぽいイメージを抱かせますが、ポップスの職人・筒美京平が手がけただけあって、ソウル歌謡ともいうべきカッコいいナンバー。実力派2人の息の合ったデュエットも聴きどころです。

06_男と女04.「男と女」サンタクララ(1980)
作詞・作曲:斉門はし羅 編曲:ファンキー大原、原田良一
“のこ”と“トシロー”による夫婦デュオのデビュー曲で、オリコン58位のスマッシュヒットを記録。ソウルフルなボーカルは高く評価され、本作で全日本有線放送大賞の新人賞や、新宿音楽祭の銀賞、横浜音楽祭の新人奨励賞などを受賞しました。トシローこと上原敏郎は、83年に「まさゆめ」でソロデビュー。演歌系の作品を歌うかたわら、『太陽にほえろ!』(日本テレビ系)などに出演するなど、俳優としても活動しています。

07_ブルーロマンス薬局05.「ブルーロマンス薬局(ファーマシー)」ポップコーン(1979)
作詞:林 春生 作曲・編曲:都倉俊一
オーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系)で合格した、加本ひろの・加本あつのの兄妹デュオのデビュー曲です。スタ誕からは12年間で計4組のデュオグループがデビューしていますが、男女デュオは彼らのみ。ポップな本作は、キュートな衣装と振付でも注目されましたが、次作「フレー!フレー!」を発表後にユニットは解散。兄のひろのは、バンドを経て、“松本浩之介”名義で編曲家としても活動しています。

w420_h420.CRCN_187406.「たぶん新宿」モナオとマシュー(2015)
作詞:相田 毅 作曲:相田 毅、山口 誠 編曲:伊戸のりお
2014年の有線チャート(歌謡曲・演歌部門)で年間5位を記録した「愛してもなお」のモナオと、2011年にリリースした東日本大震災チャリティシングル「ありがとう」が話題になった木村摩周(マシュー)による平成版ムード歌謡。覚えやすいメロディと振付で、デュエットソングの新しいスタンダードとして幅広い層から支持されています。モナマシュの2人は、当番組と同じFMおだわらで『モナオとマシューのあとは野となれ山となれ』という番組に出演中です。

09_ORACION-祈り-BGM.「ORACIÓN-祈り-」斉藤由貴、来生たかお(1988)
作詞:来生えつこ 作曲:来生たかお 編曲:武部聡志
斉藤由貴主演の東宝映画『優駿 ORACIÓN』のイメージソング。映画は88年度4位の配給収入を上げましたが、本作もオリコン4位のヒットを記録しました。本作がリリースされた1ヶ月後には来生が歌うソロバージョン(編曲:萩田光雄)もシングル発売されています。なお、斉藤は2006年に及川光博とのデュエット曲『家庭内デート』を“やな家”名義で発表し、オリコン30位をマークしています。

10_君は綺麗なままで07.「君は綺麗なままで」NAO & NOBU(1985)
作詞:荒木とよひさ 作曲・編曲:チト河内
河合奈保子と、トランザムのボーカルだった高橋のぶによるデュエットソングで、オーガナイザーお気に入りのナンバー。キャッチーなメロディと、爽快感のあるサウンド、実力派同士の卓越したハーモニーが心地よく響きます。本作はハウス・とんがりコーンのCMに起用され、オリコン24位まで上昇。2人は86年に『SKY NATIVE』というアルバムもリリースするなど、アイドルとミュージシャンの本格的コラボの先駆けとなりました。

11_怪盗ルビイ08.「怪盗ルビイ」小泉今日子&大瀧詠一(2002)
作詞:和田 誠 作曲:大瀧詠一 編曲:大瀧詠一、服部克久
小泉今日子が主演した同名映画の主題歌で、作詞は映画を監督した和田 誠が担当。オリジナルは小泉のソロバージョンで、88年に26thシングルとして発売され、オリコン2位のヒットを記録しています。作曲者でもある大瀧詠一とのデュエットバージョンは、02年にリリースされた小泉の20周年記念アルバム『KYON3 〜KOIZUMI THE GREAT 51』に収録され、大きな話題を呼びました。

12_冬のファンタジー09.「冬のファンタジー」カズン(1995)
作詞:カズン、小林和子 作曲:カズン 編曲:本間昭光
いとこ同士である古賀いずみ、漆戸 啓によって92年に結成されたポップデュオの3rdシングル。サッポロビール・冬物語のCMソングに起用され、オリコン8位、50万枚を超える大ヒットになりました。聴きどころは息の合ったハーモニーと、温かみのあるサウンドで、コーラスには槇原敬之も参加しています。2人はソロ活動と並行して、現在もカズンとして、アルバム制作やライブを精力的に展開しています。

《イントロクイズ解答》

21_林檎殺人事件

 

 

 

 

 

 

「林檎殺人事件」郷ひろみ・樹木希林

22_愛が生まれた日

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「愛が生まれた日」藤谷美和子・大内義昭

23_昭和枯れすゝき

 

 

 

 
「昭和枯れすゝき」さくらと一郎

24_ひだまりの詩

 

 

 

 

 

 

 
「ひだまりの詩」Le Couple

25_今を抱きしめて

 

 

 

 

 

 

 
「今を抱きしめて」NOA

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 TOPに戻る

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 記事一覧

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」
記事一覧

原田真二 提携グッズサイト『Feel Happy』音楽制作、ライブ活動、チャリティ事業を積極的に行い、2017年にはデビュー40周年を迎える原田真二との提携グッズサイトが「Feel Happy」。魅力的なオリジナル・グッズを提供していきます。

岩崎宏美 ONLINE SHOP 昭和51年1月に発売された『近代映画ハロー新春号 岩崎宏美 集』の全ページに、平成28年最新インタビューを追加した、特別復刻プレミア豪華版。

大場久美子 DELUXE BOOK トップアイドル時代の大場久美子の『近代映画』記事、グラビアを復刻!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

disk union 昭和歌謡館