トップページ コラム/レビュー 東京スイーツ散歩 東京スイーツ散歩㉗カステラ専門店「中屋洋菓子店」のジャムロール

東京スイーツ散歩㉗カステラ専門店「中屋洋菓子店」のジャムロール

東京スイーツ散歩㉗
カステラ専門店「中屋洋菓子店」のジャムロール

写真・文/長井英治 

わたしをそっと包み込んでくれる、魅惑のスイーツたち。
そんな、神様がくれたオンリーワンのスイーツこそが世の中を熱くする!と信じ、
東に美味しいアイスクリームがあれば行って試食し、
西に人気のパンケーキあれば行ってその行列に参加し、
南に絶品のスフレあれば行って舌鼓を打ちながら、これはヤバイ!といい、
北にパフェやクレープがあればこれはここでしか食べられないから、
スウィーツは別腹だと自分に言い聞かせ……。
そうやって、都内の隅から隅まで、自分の足で歩いて探した絶品を紹介していきます。
東京スイーツ散歩を読めば、きっとあなたも、甘くステキなデイズを送れるはずです!


大江戸線の新御徒町駅のそばに、佐竹商店街という古き良き時代の面影を残した、古びた商店街があります。この商店街は、日本で2番目に古いと言われている商店街だけあって、そこだけ昭和の時代にタイムスリップしたような場所なのです。
そんな商店街の中に「中屋洋菓子店」というカステラ専門店があります。
創業から100年以上その場所で営業を続けているというこのお店では、様々なカステラを使用したお菓子が販売されているのですが、何といっても一番人気は「つぶつぶいちごジャムを使用したジャムロール」です。普通のロールケーキと違うのは、カステラ生地で作られているという事なので、生地はずっしりと重く、昔ながらの甘いイチゴジャムとの相性は抜群です。
店主のご主人はかなりご高齢と思われ、跡を継ぐ方はいらっしゃるのかと余計な事を考えてしまいますが、上野方面へ出かけた際は、必ず寄ってこのジャムロールを買って帰るようにしています。
現代のスイーツとは全く趣きは違いますが、こういうおやつを食べると何か忘れかけていた大切なものを思い出させてくれるんですよね。
包み紙の「カステイラの切り方」という説明文もいい感じです。HPもありますので、是非チェックしてみてください。

 

中屋洋菓子店
http://tnakaya.jp/


『スヰート檸檬』(2008)
遊佐未森
遊佐未森が昭和20年代、30年代の名曲をカヴァーした昭和モダンなアルバム。
タイトルの「スヰート」の文字がどこかノスタルジックな気分にさせてくれます。
古き良き懐かしいスイーツのBGMにぴったりのアルバムです。(選・文/長井英治)

東京スイーツ散歩 記事一覧

東京スイーツ散歩 記事一覧

プロフィール

 

 

 

 

 

 

 

高円寺K子

東京・高円寺在住。A型。
幼い頃から甘いものが大好きで、
大人になった今でも、甘いものが大好き。
高円寺のパル商店街で販売員をしながら絶品スイーツを求めて東京散歩に勤しむ。

 

 

 

長井英治(ながい ひではる)

女性シンガーソングライター専門家、音楽ライター、ラジオパーソナリティ、コメンテーター。
1990年~2006年まで大手レコード・ショップにてJ-POPのバイヤーとして勤務。その後はモバイルの音楽サイトや音楽SNSの運営に関わりながら、CDの監修などに関わる。ラジオ「ラジオ歌謡選抜」(2011年~)、「ファムラジオ」(2014年~)、テレビ「QVC(2014年~)」に出演中。
これまでのWorks
https://femme2009.jimdo.com/my-works/
Web「FEMME(ファム)」
https://femme2009.jimdo.com/

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

disk union 昭和歌謡館