トップページ コラム/レビュー 東京スイーツ散歩 東京スイーツ散歩㉙Patisserie Hiroya Minamisawa のサヴァラン

東京スイーツ散歩㉙Patisserie Hiroya Minamisawa のサヴァラン

東京スイーツ散歩㉙
Patisserie Hiroya Minamisawa のサヴァラン

写真・文/長井英治 

わたしをそっと包み込んでくれる、魅惑のスイーツたち。
そんな、神様がくれたオンリーワンのスイーツこそが世の中を熱くする!と信じ、
東に美味しいアイスクリームがあれば行って試食し、
西に人気のパンケーキあれば行ってその行列に参加し、
南に絶品のスフレあれば行って舌鼓を打ちながら、これはヤバイ!といい、
北にパフェやクレープがあればこれはここでしか食べられないから、
スウィーツは別腹だと自分に言い聞かせ……。
そうやって、都内の隅から隅まで、自分の足で歩いて探した絶品を紹介していきます。
東京スイーツ散歩を読めば、きっとあなたも、甘くステキなデイズを送れるはずです!


この連載の「浅草アンヂェラス」の回に写真を掲載していますが、僕はケーキの中ではサヴァランが大好きです(サヴァランはフランス語でsavarinと書くので、アンヂェラスではサヴァリンと読ませていました)。サヴァランとは、ブリオッシュを切って紅茶味のシロップを染み込ませて冷やし、ラム酒やキルシュをかけて生クリームや果物で飾りつけたものが正しいものなのですが、最近ではその形態も随分変わってきました。

先日、不二家のサヴァランをいただいたのですが、わりとオリジナルのサヴァランに近いレトロな味がしました。それはそれでもちろん好きなのですが、今日は珍しいサヴァランをご紹介します。お店は、西荻窪から歩いて10分の住宅地にある小さなお店「Patisserie Hiroya Minamisawa」。元和菓子職人が作るチョコレートケーキと焼き菓子のお店というコピーで営業しています。このお店は、チョコレートケーキがとても美味しいのですが、月に1回だけサヴァランを発売する日があるのです。しかも、予約をしないと買えないという、スペシャルなサヴァラン。先日、予約をして購入してみたのですが、何とオシャレな瓶の中に入っているではありませんか!味も、それまで食べた事のない触感でした。とにかく、ふわふわで口に入れた瞬間にとろけてしまうのです。しかもさっぱりとしていて、とても上品なサヴァランでした。

上に乗っているクリームはマスカルポーネチーズのような食感!これは味わってもらわないと、僕のボギャブラリーではこれ以上無理です(笑)。食べ終わったら瓶も使用できるので、これまた嬉しいですよね。とにかく一度是非試してみてほしいサヴァランです。

Patisserie Hiroya Minamisawa
http://www.hiroyaminamisawa.com/


『男と女 ~野宮真貴、フレンチ渋谷系を歌う。』(2016)
野宮真貴
フランスの伝統的なスイーツにはやはりフレンチな雰囲気が似合うという事で、今回は野宮真貴のアルバムをセレクト。ライブでも度々共演してきたクレモンティーヌも参加しているので、さらにフレンチ度が高いアルバムになっています。(選・文/長井英治)

東京スイーツ散歩 記事一覧

東京スイーツ散歩 記事一覧

プロフィール

 

 

 

 

 

 

 

高円寺K子

東京・高円寺在住。A型。
幼い頃から甘いものが大好きで、
大人になった今でも、甘いものが大好き。
高円寺のパル商店街で販売員をしながら絶品スイーツを求めて東京散歩に勤しむ。

 

 

 

長井英治(ながい ひではる)

女性シンガーソングライター専門家、音楽ライター、ラジオパーソナリティ、コメンテーター。
1990年~2006年まで大手レコード・ショップにてJ-POPのバイヤーとして勤務。その後はモバイルの音楽サイトや音楽SNSの運営に関わりながら、CDの監修などに関わる。ラジオ「ラジオ歌謡選抜」(2011年~)、「ファムラジオ」(2014年~)、テレビ「QVC(2014年~)」に出演中。
これまでのWorks
https://femme2009.jimdo.com/my-works/
Web「FEMME(ファム)」
https://femme2009.jimdo.com/

ラジオ歌謡選抜

disk union 昭和歌謡館