トップページ 特集 川上大輔 “ビジュアル歌謡”の新星、第二弾はオリジナル楽曲で勝負 哀愁あるメロディとラテンテイストのサウンド…

川上大輔 “ビジュアル歌謡”の新星、第二弾はオリジナル楽曲で勝負 哀愁あるメロディとラテンテイストのサウンドが絶妙に溶け合い、表出される独特な色香

歌謡曲リミテッド スペシャルインタビュー

川上大輔
“ビジュアル歌謡”の新星、
第二弾はオリジナル楽曲で勝負

哀愁あるメロディとラテンテイストのサウンドが
絶妙に溶け合い、表出される独特な色香

(ページ: 2 / 2)

取材・文/大畑幸子 公開日:2013.10.21

--歌詞についてはいかがですか。川上さんが歌われる歌は、カバー曲も含め、女性目線の歌が多いじゃないですか。今回ももちろんそうですが、男性の川上さんが女性目線に立って歌の世界をどういうふうに作り上げていくのかなあと。

川上:僕は女性的な声をしているのでよく悪くもキレイなんですよね。キレイなものって右から左に流れてしまう可能性もあるじゃないですか。だから、トゲというか毒というか、MVもそうなんですけど、心にひっかかるようなもの……それは歌い方もそうなんですけど。何か残したいと思ったんです。

--爪痕を残すような?

川上:そうです。キレイな声だからキレイに歌うだけでは人の足を止めることは難しいかなと思ったので。僕はこういう声で歌っているんですけど、中身はけっこう男っぽいですし(笑)。ですから、声は女性的だけど、世界観は……男性的なセクシーな色気を出したいなと思っていました。今回の「アモーレ・アモーレ」は、「ベサメムーチョ」とは全然声の出し方が違ったんですよ。それは僕だけじゃなくてディレクターやプロデューサーの方から引き出してもらった結果なんですけど、レコーディングのときに僕自身、こういう歌い方もあったんだなっていうのがすごく勉強になりました。声はこの声のままで、でも全体的な世界観は男性的なカッコ良さだったり、セクシーな色気だったりを出せるように心がけました。

--新たな発見ができたと?

川上:新しい発見でした。ある方から“歌い方は一万通り以上もある”って訊いたことがあるんですけど、自分の思っている歌い方は、その中の20、30通りぐらいしかないかもしれない。それを今回のように周りの方々によってうまく引き出してもらえることもあるわけで、この楽曲を通して自分の新たな声を知ることができたのは、これからの自分にとって大切なものになったと思います。

--歌詞の世界は、好きになった男性が訳ありの人で、許されないとわかっていながらもどんどん深い思いに堕ちていくといった哀しくもやるせない女心が綴られていますけど、ものすごい女の情念を感じちゃうんですよね。「命は千年続くと信じて」って言っちゃうような女性って、ある意味、かなりの強さを秘めているような気がするんですよね。

川上:なるほど(笑)。「命は千年続くと信じて」というその歌詞は僕がいちばん好きなフレーズなんですよ。歌詞の中で重要なキーとなるフレーズですよね。僕は男だからかもしれないけど、この歌詞を最初にいただいたときは今言ってもらったようなドロドロとした印象は受けなかったんです(笑)。もっと純愛というか、人前では決して許されるような恋愛じゃないかもしれないんだけど、自分の気持ちにまっすぐに人を愛する女性っていう。「命は千年続く」っていうけど、命は決して千年続かないじゃないですか。だけど、体が滅びても魂は残る。だからこそ、ずっと好きです、あなたのことを……っていう。そういう純粋なものなのかなと初めて見たときは思いましたね。

--ええ、確かに。でもただ個人的にその純粋さの裏側にある毒々しい女の本性を感じてしまったもので……。そこが凄いなと。さすが岡田冨美子さんの歌詞だなと思っていたんですよね。それは私が単に深読みしているだけかもしれませんが……(笑)。

川上:僕はそこまでは…(笑)。でも、そうかもしれない。やっぱり、女性特有の心はわからないから(笑)。

--“ジェラシーに身を焼いて 生きるよろこびを知った”なんて強烈ですもん。

川上:そうですよね……。いやー、勉強になります(笑)。

--川上さんの歌を聴いて、一気に想像が膨らんだというか、主人公の輪郭が見えてきたというか、この主人公の女性を想像する楽しみ方もできたというか。歌謡曲ってそういう聴き方もできますよね。空想の産物なんだけど、リアルな表情を持つというか。

川上:ありがとうございます。過去の歌謡曲の作品を聴いても、いかにも本当にあった話のような印象を受ける曲もありますからね。でも、僕自身、歌う立場として言うと、女性の内面を歌っていてもそれを意識はしちゃいけないと思っているんですよね。体が勝手にフラットな状態で意識せずにそっちの方向にいけばいいんですけど、ひとつ間違うと僕のような声だとトゥマッチになってしまう危険性があるんですよね。クサくなっちゃったり。ですから、そこは考えずに……といっても、考えたりはしているんですけど、僕の場合はなるべく歌詞を初めて見たときの印象で歌っているんですよ。

【イベント情報】

2ndシングル「アモーレ・アモーレ」発売記念
ミニライブ&握手会&2ショット撮影会 開催!

10/19(土)17:00~
名古屋市金山・旧濃尾商会前
(名鉄金山駅ビル2F)(愛知)
10/27(日)15:00~
大丸福岡天神店
エルガーラ・パサージュ広場(福岡)
10/28(月)16:00~
ミュージックプラザINDO(福岡)
11/9(土)12:30~
ラフィラ(札幌)
11/9(土)17:00~
ウイングベイ小樽(小樽)

【ラジオレギュラー】

ラジオ日本「川上大輔 月の王子さま」
毎週月曜日18:00~18:30

--では次にカップリング曲について伺います。CDの期間限定スペシャル盤の収録曲は五輪真弓さんの「恋人よ」(80年)のカバーですが、これは公式ホームページで募集した「カバー曲リクエスト大募集!」企画でファン投票リクエストの第1位に輝いた楽曲だそうですね。

川上:はい。ファンの皆さんが僕に歌ってほしいとリクエストをしてくださったんですけど、大ヒットナンバーだし、色々な方がカバーしているから、そういう中で自分なりの「恋人よ」にしたいなと思いました。僕は歌謡曲で育ってきたわけではなくて、ポップスで育ってきているんですよ。それこそ洋楽ならばソウル・ミュージックが大好きだったわけなんですけど。「恋人よ」は歌謡曲というよりはニューミュージックじゃないですか。そういう意味では、演歌、歌謡曲ではないので僕の中では耳馴染みもあったから、この曲が1位になったときに、これはイケるなと思いましたね。作品として恥ずかしくないものになる自信がありました。

--その自信を胸に歌入れにトライされたわけですね。

川上:「ええ。「恋人よ」って歌いあげる曲だと思うんですけど、僕は当初、歌い上げずに歌いたいと思っていたんですよ。でも、僕のいちばん声のいいところを考えた時にプロデューサーの草野浩二さんを含め、スタッフのみなさんからアドバイスを聞いたりして、あえて少しだけど歌いあげることにしたんですね。やっぱり、草野さんがおっしゃることって正しくて、僕の声のいちばんいい部分を歌に反映したいという思いがあるので。僕はどうしても客観的に見られない部分もありますからね、そういう意味でジャッジをしてくださる方がいるのは心強いと思います。

--CD通常盤とカセットのカップリング曲は「赤坂の夜は更けて」ですね。これは西田佐知子さんが歌った1965年の大ヒット曲ですね。この曲も多くの方がカバーしていますね。川上さんがお好きなちあきなおみさんも過去にカバーされていました。

川上:そうなんですよ。昭和の名曲中の名曲ですからね。この曲を渡されたときに「わぁーキタかー!」というのが第一印象でした。この前、五木ひろしさんのコンサートを観させていただいんですけど、五木さんが『ブルース-BLUES-』というアルバムをリリースされて、そこにも「赤坂の夜は更けて」が収録されているんですね。で、コンサートのMCで西田佐知子さんのお話をされて、この曲を聴くと当時の色々なことを思い出すって五木さんがおっしゃってこの曲を歌われたんです。そういうお話や歌を聴いたりすると、この「赤坂の夜は更けて」には色々な方の思いや思い出が詰まっているんだなと。本当に日本の成長期を共に生きてきた歌なんだなと思って。ですから、自分に果たして歌えるのかなというのがあったから、緊張感という意味でどうしよう……って。

--そんな中で、歌入れでこだわったところは?

川上:僕のファンじゃない方がもしこの曲を聴かれたときに、「川上大輔の『赤坂の夜は更けて』はイイね」って、そういう方々に言ってもらえるような歌にしたいというのはありました。それは『恋人よ』もそうなんですけど。

--アレンジもジャジーでオシャレですね。

川上:とてもこだわりました。最初はバンド構成で一番二番と歌っていたんですよ。そのバージョンもすごく良かったんですけど、もっと自分の個性を出したくて。僕の声にいちばん合うアレンジは何だろう? って考えたときに、一番は音を少なくして、二番からバンドが入ってくるようにしたんです。で、最後の「♪赤坂の夜は更けゆく」のフレーズも西田さんはリピートされているんですけど、僕は僕なりに色をつけたいなと思って、タメを入れたりしてああいうふうな形にしたんです。このバージョンがカラオケに入ったときに歌ってみたいなと思ってもらえるようなアレンジにしたいと思っていたので。

--期間限定スペシャル盤も通常盤も含めて、今回の2ndシングル「アモーレ・アモーレ」は、川上さんの新たな挑戦を感じさせる作品になりましたよね。そんな川上さんは今後、どういう歌手を目指していくんですか。

川上:歌謡曲というのは年齢問わず聴けるものだと思うんです。古き良き歌謡曲を好んで聴かれる方ってどうしても僕の父や母の年代の方が多いと思うんですけど、想像するじゃないですか。その時に20年後、30年後もやっぱり演歌、歌謡曲というのが日本の音楽シーンの根幹というか、バックボーンになっているって思うんですよね、今までずっとそうだったように。だから、この先もそうであってほしいと思うし、そうなるためには僕らの世代がもっともっと何か新しいものを発信していくことが大事だなと思うんです。それがいいか悪いかはわからないけど、川上大輔にしかできない、川上大輔だからこそできる歌、ステージ、エンターテインメントを作っていきたいと思っているんです。それが今の目標です。

PREV

ページ: 2 / 2

NEXT

川上大輔

東京都出身。1984年11月12日生まれ。身長180cm。体重66kg。2013年2月6日に待望のデビューシングルを発売。日本歌謡の名曲「ベサメムーチョ」をカバー。その官能的なプラチナボイスと端正な容姿で、美しき日本歌謡の進化型「ビジュアル歌謡」の新星として大きな注目を集めている。

川上大輔公式ホームページ:
http://daisuke1112.jp/

ワーナーミュージック・ジャパン 川上大輔ページ:
http://wmg.jp/artist/kawakamidaisuke/

川上大輔公式YouTube Channel:
http://www.youtube.com/user/kawakamidaisukeTV

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館