トップページ ニュース サザンオールスターズ 55万人を動員した超巨大ツアー、東京ドーム最終公演にて終幕

ニュース

サザンオールスターズ

55万人を動員した超巨大ツアー、東京ドーム最終公演にて終幕

コンサート

サザンオールスターズの40周年イヤーが、6月15日と16日に行われた東京ドーム2days公演で完結した。

今回のツアーは、全国6大ドームを含む全11箇所22公演という巨大ツアー。サザンのドームツアーは、今までに5大ドームを含むツアーを2回(2005年、2015年)、4大ドームを含むツアーを1回(1999年※当時は札幌ドームが存在しなかった)、それぞれ行ってきているが、6大ドームというのは今回が初めて。全国で55万人もの観客を動員するという、長い歴史の中でも最大のツアーであった。

1曲目は「東京VICTORY」。そのイントロが流れ始めるとともにステージを囲んでいた幕にメンバー5人のシルエットが投映されると、割れんばかりの手拍子が会場を包み込む。幕が振り落とされ、メンバーが姿を現すと、バンド音をかき消すほどの歓声に東京ドームが揺れた。続いて披露されたのは昨年発表された「壮年JUMP」。「全国巡り 今日は千秋楽 お越し下さいまして ありがとう みんなの笑顔に逢いたくて 東京ドームへ 帰って来た」と替え歌で観客への感謝の気持ちを表わすと、場内はさらにヒートアップ。序盤から、50000人が一体となり、東京ドームは歓喜の空間となった。

その他は、同じく昨年発表された「闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて」から「勝手にシンドバッド」「思い過ごしも恋のうち」などデビュー当時の楽曲、また平成元年に発表された「女神達への情歌」といった久々に披露される曲まで、実に36曲。演奏時間は約3時間半にも及んだ。昭和~平成そして令和時代へと、40年もの長きにわたり第一線を走り続けているバンドの重みと深みを感じさせるステージであった。

最後に歌われたのは「旅姿四十周年」。“東京ドームで また逢おうね みんな元気で さようならを 東京ドームで また逢おうね みんな元気で ありがとうね”と締めくくり、ファンとの再会を誓い、感動的なステージの幕が下りた。

今回のツアーのハイライトのひとつは、まだどこにも発表されていない新曲が各地で演奏されたこと。「ツアーでお客さんとともに熟成させていく曲」と語られながら全国で演奏された最新曲。時代をまたいで完成する新時代初の新曲を披露することで、40年の年月を経てなお現在進行形で未来へと向かっているサザンオールスターズの姿勢を改めて示した形となった。この曲について桑田佳祐は「今後レコーディングして、何等かの形で発表することになります」と語った。いつどんな形で世に出るのか、大いに期待されるところだ。

この東京ドームのライブの模様は、WOWOWで8月に放送されることが決定した。

<セットリスト>
1. 東京VICTORY
2. 壮年JUMP
3. 希望の轍
4. 闘う戦士(もの)たちへ愛を込めて
5. SAUDADE~真冬の蜃気楼~
6. 彩~Aja~
7. 神の島遥か国
8. 青春番外地
9. 欲しくて欲しくてたまらない
10. Moon Light Lover
11. 赤い炎の女
12. 北鎌倉の思い出
13. 古戦場で濡れん坊は昭和のHero
14. JAPANEGGE (ジャパネゲエ)
15. 女神達への情歌 (報道されないY型の彼方へ)
16. 慕情
17. 愛はスローにちょっとずつ(仮)
18. ゆけ‼力道山
19. CRY 哀 CRY
20. HAIR
21. 当って砕けろ
22. 東京シャッフル
23. DJ・コービーの伝説
24. わすれじのレイド・バック
25. 思い過ごしも恋のうち
26. はっぴいえんど
27. シュラバ★ラ★バンバ SHULABA-LA-BAMBA
28. マチルダBABY
29. ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
30. イエローマン~星の王子様~
31. マンピーのG★SPOT
[ENCORE]
1. I AM YOUR SINGER
2. LOVE AFFAIR~秘密のデート〜
3. 栄光の男
4. 勝手にシンドバッド
5. 旅姿四十周年

公式サイト
http://southernallstars.jp

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館