トップページ ニュース 中島みゆき 『やすらぎの刻~道』のW主題歌シングル「離郷の歌/進化樹」が9月25日発売

ニュース

中島みゆき

『やすらぎの刻~道』のW主題歌シングル「離郷の歌/進化樹」が9月25日発売

CD

中島みゆきの2年ぶりのニュー・シングル「離郷の歌/進化樹」が、9月25日に発売される。

待望の新作は今年の4月から放送が開始されている、テレビ朝日60周年記念帯ドラマ劇場『やすらぎの刻~道』の2つの主題歌を収録した作品。このドラマの主題歌を中島みゆきにオファーをしたのは、脚本を手掛けた倉本聰。倉本聰は、過去にも社会現象となった人気ドラマ『北の国から』シリーズで「ホームにて」「髪」「異国」「世迷い言」などの中島みゆきの楽曲を挿入歌として採用している。2017年に放送されたシリーズ1作目『やすらぎの郷』に続き、倉本聰本人から再び熱いオファーを直々にしたことでこの主題歌の制作および発売が実現した。

新作を含め3つの主題歌が流れる前代未聞の昼ドラマ『やすらぎの刻~道』ドラマ『やすらぎの刻~道』は、第1シリーズ『やすらぎの郷』のその後を描く続編と、石坂浩二が演じる菊村栄が執筆するシナリオ『道』の劇中劇が同時に進行する2つのストーリーで構成されている。続編のパートでは前作の主題歌「慕情」が主題歌として流れ、そして、『道』のパートでは今回発売する新たな2曲「離郷の歌」「進化樹」が主題歌としてオンエアされている。

ドラマの放送内容によって3つの主題歌が使われるという前代未聞のドラマとなっている。というのも、前作『やすらぎの郷』の主題歌制作の際に、シナリオを読み込んだ中島みゆきが「慕情」「人生の素人(しろうと)」の2曲を制作し、この両曲を気に入った倉本聰が「慕情」を主題歌に、「人生の素人(しろうと)」を挿入歌として採用していた。そして、今作『やすらぎの刻~道』では、倉本聰がこのドラマのために新たに書き下ろされた新曲「離郷の歌」「進化樹」を、昨年8月末、都内のスタジオで中島みゆきとともに聴き、この2曲をどちらも主題歌として採用することを即決していた。このような経緯もあり『やすらぎの刻~道』では3つの主題歌が使用されることになった。

ニュー・シングル発売の発表と同時に「離郷の歌/進化樹」の主題歌トレーラー動画が「中島みゆきYouTube公式チャンネル」で公開。さらには、本作のジャケット写真、新ヴィジュアルなども併せて公開された。また、カラオケ第一興商DAMでは、この2曲の主題歌を期間限定で1コーラスだけ楽しめるカラオケの配信が7月13日からスタートした。

【商品情報】
「離郷の歌/進化樹」
9月25日発売
YCCW-30079 ¥1,000円(+税)

<収録内容>
M1. 離郷の歌
テレビ朝日系『やすらぎの刻~道』主題歌
M2. 進化樹
テレビ朝日系 『やすらぎの刻~道』主題歌
M3. 離郷の歌(TV-MIX)
M4. 進化樹(TV-MIX)
※「TV-MIX」はオリジナル・カラオケ

「離郷の歌/進化樹」動画トレーラー
https://youtu.be/UnmY9n6PQjk

 

『東京レコード散歩』2017年2月22日発売。東京にちなんだ曲だけを収録したコンピレーション・アルバム『東京レコード散歩』第二弾がレコード会社3社から同時発売!

ラジオ歌謡選抜

CDJournal

TWITTER

  • now loading...

disk union 昭和歌謡館