トップページ ラジオ 歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 第41回放送「特集:アンフォゲッタブルなスター・西城秀樹リクエスト(前篇)」

第41回放送「特集:アンフォゲッタブルなスター・西城秀樹リクエスト(前篇)」

第41回放送「特集:アンフォゲッタブルなスター・西城秀樹リクエスト(前篇)」

<2019.5.19 OA>

オーガナイザー:濱口英樹(歌謡曲愛好家) 

昭和・平成の音楽シーンを駆け抜けた西城秀樹さんがお亡くなりになったのは2018年5月16日。63歳という、早すぎる訃報は全国に衝撃を与えました。『午前0時の歌謡祭』では、秀樹さんが逝去された翌月の放送で代表曲「勇気があれば」(79年)をオンエア。同年8月には2週にわたって“西城秀樹リクエスト特集”を実施するなど、不世出のエンターテイナーの魅力を機会あるごとにお届けしてまいりましたが、1周忌を迎えた5月、2度目の特集を企画いたしました。
実施にあたり、リクエストを募ったところ、前回の記録を上回る、番組史上最多のリクエストが寄せられたため、今回も前・後篇の特別編成で対応。ゲストには秀樹さんのことをよく知る音楽プロデューサーの岡村 右さん(RCAで13年間、制作を担当)と早野 寛さん(RCAで約20年間、宣伝を担当)をお迎えし、秀樹さんの楽曲や人となりに関するお話を伺いました。お二人はリスナーの皆様から寄せられたすべてのメッセージに目を通され、いずれ劣らぬヒデキ愛にカンゲキ。「ファンの皆様のお気持ちに少しでもお応えしたい」と貴重なグッズや写真、資料を多数提供してくださいました。


01.「白い教会」西城秀樹(1975)
作詞:たかたかし 作曲:鈴木邦彦 編曲:あかのたちお
のちに角松敏生、福山雅治、シャ乱Qなどを担当し、数多くのヒット曲をプロデュースする岡村さんが初めて手がけた秀樹さんの15thシングル。「涙なんかいるもんか・・・バカヤロー!」と叫ぶドラマチックなナンバーでオリコン4位をマーク、75年の紅白歌合戦でも歌唱されました。当時20歳だった秀樹さんはこの年、プロマイドの年間売上で1位を獲得。日本人ソロ歌手として初の武道館公演を成功させるなど、大活躍の1年でした。

02.「青春に賭けよう」西城秀樹(1973)
作詞:たかたかし 作曲:鈴木邦彦 編曲:馬飼野康二
コンサートではファンと合唱するのがお約束の軽快なポップチューン。4枚目のシングルとしてリリースされ、オリコン16位まで上昇しました。秀樹さんの宣伝をデビュー当時から担当された早野さんは、初対面の印象を「背が高くてカッコよくて、目が輝いていた。この男はきっと活躍するだろうと確信した」とコメント。本作の発売時には“西城秀樹ノート”を作成し、女子高校生に向けたプロモーションを展開したそうですが、その際に秀樹さんの人柄を窺わせる出来事があったことを明かしてくれました。

03.「愛のいたわり」西城秀樹(1976)
作詞:たかたかし 作曲:鈴木邦彦 編曲:馬飼野康二
オリジナルのシングル曲以外にも、アルバム曲やカバー曲、ライブ音源など、幅広い楽曲にリクエストが寄せられた今回の特集。6thアルバム『愛と情熱の青春』(76年6月/オリコン最高8位)の収録曲も人気を集めたため、その中から美しい旋律と語りかけるような歌声が印象的な本作をセレクトしました。たかたかし(作詞)×鈴木邦彦(作曲)のコンビは、「情熱の嵐」(73年)、「愛の十字架」(73年)、「薔薇の鎖」(74年)など、多くのヒット曲を手がけた初期のメインライターです。

BGM.「君よ抱かれて熱くなれ」西城秀樹(1976)
作詞:阿久 悠 作曲・編曲:三木たかし
「秀樹を少年から青年にしてほしい」。当時のチーフマネージャー・秦野嘉王(当時は“秦野貞雄”)からの要請を意気に感じた阿久 悠が初めて作詞を手がけた16thシングル。以後「ジャガー」「若き獅子たち」(ともに76年)と続く“青年3部作”の第1弾として、エロチシズムをテーマに制作された本作はオリコン3位のヒットを記録し、ここから秀樹さんの第2期がスタートしました。ちなみに「ジャガー」は情熱、「若き獅子たち」は志をテーマにしています。

04. 「若き獅子たち(アルバムVer.)」西城秀樹(1976)
作詞:阿久 悠 作曲・編曲:三木たかし
秀樹プロジェクトに心血を注いでいた阿久 悠は、本作の制作にあたり、三木たかしとともに下田東急ホテルに合宿。そこに秀樹さんから部屋中を埋め尽くすほどの花が届けられたと述懐しています。そうして誕生した“獅子”はオリコン4位をマークし、日本レコード大賞で3度目の歌唱賞を受賞。紅白歌合戦ではトップバッターとして歌唱するなど、76年を代表する作品となりました。今回は7thアルバム『若き獅子たち』(76年11月/オリコン18位)に収録された、約3分の朗読から始まるヴァージョンをお届けしました。

BGM.「ブルースカイブルー」西城秀樹(1978)
作詞:阿久 悠 作曲・編曲:馬飼野康二
第2期のメインライターとして通算10作のシングルA面を手がけた阿久 悠が最後に担当した26thシングル。カノン進行による壮大なバラードで、オリコン3位のヒットを記録しました。78年の音楽祭ではレコード大賞で金賞、歌謡大賞で放送音楽賞、FNS歌謡祭で最優秀歌唱賞を受賞。昨年の葬儀では出棺時にこの曲が流れ、参列者が合唱して見送ったことも記憶に新しく、これからも秀樹さんを象徴する名曲として歌い継がれていくことでしょう。

05.「ラスト・シーン(LIVE Ver.)」西城秀樹(1978)
作詞:阿久 悠 作曲:三木たかし
年上の女性とのセンチメンタルな別れを描いた極上のバラード。初期の楽曲では絶叫型の唱法が注目された秀樹さんですが、20代を迎えると、囁くような歌唱でも実力を発揮し、大人の歌も歌えるシンガーとして認められていきます。21歳の時に19thシングルとして発表した本作はオリコン8位をマーク。今回は『バレンタインコンサート・スペシャル/西城秀樹 愛を歌う』(78年6月/オリコン22位)に収録されたLIVEヴァージョンをお送りしました。

06.「カタログ」西城秀樹(1978)
作詞・作曲:梅垣達志
ゲストの岡村さんから、オススメ曲として挙げていただいた本作は2枚組のライブアルバム『バレンタインコンサート・スペシャル/西城秀樹 愛を歌う』に収録されたAOR調のメロウなナンバー。Charに提供した「気絶するほど悩ましい」(77年)のヒットで知られる梅垣達志の1stアルバム『CATALOG』(77年)に収録されたタイトルチューンのカバーですが、「4月という月に僕は生まれた」という歌詞があることから、まるで秀樹さんのために用意されたオリジナル曲のようにも聴こえます。

BGM.「YOUNG MAN(Y.M.C.A.)」西城秀樹(1979)
日本語詞:あまがいりゅうじ 作曲:Jacques Morali 編曲:大谷和夫
秀樹さん最大のセールスを記録した代表曲ですが、あまりにメジャーすぎるためか、今回は1票のみのリクエストにとどまりました。オリジナルはヴィレッジ・ピープルの「Y.M.C.A.」(78年)で、ロス滞在中、ノリの良さに惹かれた秀樹さんがコンサートでカバー。全身で「Y」「M」「C」「A」を表現する振り付けで歌唱したところ、大きな評判を呼び、急遽28枚目のシングルとして発売されることになったといいます。オリコンでは5週連続、『ザ・ベストテン』(TBS系)では満点2週を含む9週連続の1位を獲得した本作は日本歌謡大賞を受賞。今では替え歌がCMで流れるなど国民的愛唱歌として定着しています。

07.「DON’T STOP ME NOW」西城秀樹(1979)
作詞・作曲:Freddie Mercury 編曲:前田憲男
常に洋楽の動向にアンテナを張り巡らせ、コンサートではいち早く採り入れていた秀樹さんですが、当時英国でヒットしていたクイーンの楽曲をカバーした本作もその1つ。79年8月24日、後楽園球場で開催された屋外コンサートでは雨が降る中、英語で歌唱し、満場のファンを魅了しました。今回は2枚組ライブアルバム『BIG GAME’79 HIDEKI』(79年10月/オリコン12位)に収録された音源をセレクト。クイーンと同様、秀樹さんも時代を超えて愛され続けることは間違いありません。

08.「SAILING」西城秀樹(1979)
訳詞:あまがいりゅうじ 作曲:Gavin Sutherland 編曲:前田憲男
ゲストの岡村さん・早野さんにセレクトしていただいた本作は、リスナーの方からも多くの支持を集めました。オリジナルはスコットランド出身のサザーランド・ブラザーズが72年に発表した楽曲で、75年にロッド・スチュワートがカバー。全英1位を獲得したことで知られるようになりましたが、ロッドを敬愛する秀樹さんはコンサートのエンディングを飾る定番曲として、歌い続けていました。今回は11枚目のライブアルバム『BIG GAME’79 HIDEKI』に収録されたヴァージョンをお届けしました。

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 TOPに戻る

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」 記事一覧

歌謡ラジオ「午前0時の歌謡祭」
記事一覧

ラジオ歌謡選抜

disk union 昭和歌謡館